読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

シンプルに生きることを気づかせてくれる絵本【じぶんだけのいろ】

レオ=レオニ が好きです。 スイミーやフレデリック で有名な作者さん。 カラフルな表紙が気になっていた「じぶんだけのいろ」の絵本を、少し前に欲しいものリストからプレゼントしていただきました。うみさん(id:goldenmilk)ありがとうございます!アーテ…

「最小限主義。」を読んで、空がある幸せを考えた週末

Minimal&Ismの沼畑直樹さんの著書「最小限主義」を読んで感じたこと。

自分軸の考え方を増やすことで 人間関係をシンプルにする。

人間関係をシンプルに保つコツ。 それは、 誘われ体質から誘い体質になること。 昔は私も、誘われるがままに何処にもあそこにも顔を出していた時がありました。だってその時は楽しいし、断わりを考えるのも何だか面倒だし、付き合い付き合い!思って行ってい…

青野すみれを表す3冊の本

屋久島に行った友人から貰った 屋久杉でできた「栞」です。 鼻に近づけると、ほんのり木の暖かい香りがして落ち着きます。 コンパクトで香りまでお届けできるなんて、旅慣れた友人ならではの素敵なお土産だな〜と思います。 さて、いつもお世話になっている …

【絵本】「おくりものはナンニモナイ」を読んだ感想

ずっと気になっていた絵本を 図書館でやっとみつけました。 「おくりものはナンニモナイ〜The Gift of Nothing〜」 この本を知ったのはいろんな方が「ミニマリスト向け絵本」としてブログで紹介されていたのがキッカケでした。

「ぼくたちに、もうモノは必要ない」を読んで。

ミニマリスト佐々木ふみおさんの著書 「ぼくモノ」を読んだ感想。

小さな変化で大きな変化へ繋げるために大切にしている言葉

// 我が家のデスクにいつも飾ってある言葉です。 これは 野村克也さん著の 「野村ノート 」の中にでてくる言葉です。 ご存知の方も多いかと思います。 私がこの言葉と出会ったのは 10年くらい前で 当時よく一緒に過ごしていた友人が 落ち込んで、 身動きが取…

手元にいつも置いておく本:銀色夏生さんの「Balance」

本は気づいたら増えているモノのひとつ。 在庫は「整理棚の1段分まで」とルールを決めて、それ以上になったら あげたり売ったり、手放すものを選定するようにしています。 その中で、いつも手元に残っている本のうちのひとつが、 銀色夏生さんの詩集「Balanc…

毎日時間が足りない人は「超整理術」で1日3時間増える!

図書館で何気なく平置きされていたのですが “どうすればムダを減らし、時間を節約できるか?” 永遠のテーマを14日間で解決する1冊。 というフレーズに惹かれて、思わず借りてきた本です。 仕事環境をいかに整理することで、時間が生まれ、生産性がアップし、…

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告