すみれの壺

produced by 青野すみれ

努力の「枠」をミニマムにして考えてみた。

広告

 

よく我が子にもっと一生懸命にやって。とか自分でも、「ちゃんと一生懸命にやってますよ」とか、簡単に言ってるときがあります。

いいんですけど、ふと考えてみたら、そんなの重すぎますよね。

「一生」だなんて。

 

http://www.flickr.com/photos/98195299@N00/296747958

photo by scui3asteveo

 

言葉の意味をよく考えてみたら、何だか壮大すぎて、ずっと頑張っておかないといけないような気分になりました。

 

辞書にもこう書いてありました。ほら。なんか重い。。

[名・形動]《「一所懸命」から
 1 命がけで事に当たること。また、そのさま。
 2 引くに引けないせっぱ詰まった場合。瀬戸際。

 

何でもそうだけど、壮大に語りすぎるから実現するまでのプロセスがかかるし、全然できてないような気になってしまうんだと思う。

やりたいこと、目の前にあることにシンプルに取り組めばいいだけなのに。

 

 

一生懸命じゃなくて「一瞬」懸命やることにする。

「枠」をミニマムにして、瞬間で考えてみると充実感がある。

 

人生は一瞬一瞬の連続ってイメージして、その瞬間に注力するだけがシンプルでいいと思う。

 

その「一瞬」が積み重なって、昨日より今日、今日より明日は少しずつ良くなっていくと信じて。

 

だから今日も「一瞬」懸命な感じでいいと思うことにしよう。

 

 

広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告