すみれの壺

produced by 青野すみれ

ミニマムの定義は人それぞれでいい

広告
 
家族がいる方は、なかなか家事に関してはミニマリストになりづらく葛藤があると思います。
 
私もその一人です。
でも私は家事、特に料理や食べる事に関しては、開き直る事にしています。
 
キッチンバサミ
 
 
だって見てください。
我が家のシンクの引き出しには、
調理バサミが3つもあります!!!
 
 
誰がミニマリストやねん!って自分でも思わずツッコんじゃいますね。笑
 

 

キッチンバサミが3つの理由

でもこのハサミちゃんと意味がありまして、
  • 赤は 肉、魚用
  • 青は 野菜用
  • 茶は その他 
この方が、調理の準備が格段に捗るからです。
お肉や魚は買った時のトレーの上でハサミを使って下準備する事がほとんど。
 
まな板を汚さないから毎回洗わなくて良いし、しかも衛生的です。
野菜用は、スープの具材で直接鍋に切り落とすスタイルで活躍します。
赤青両方使ってる時や、乾物なんかを切るときは茶色を使います。
 

いわば「予備」です。

 
この「予備」という響きがミニマリスト的にどうしても嫌で、
ずっと赤と青の2つでやってたんです。
 
しかし意を決して最近 茶色をプラスしました。
 
 
日々慌ただしく料理する中で如何に効率アップできて、簡単且つ衛生的に調理するかを思考錯誤したなかで、こうなりました。
 

結果、かなり便利〜!!!

 
必要な投資だったと思います!
冷静に考えると、そんなに場所をとるものでもないし、
見た目もこうして3色ならんでるとカワイイくないですか?(整列フェチです笑)
 
 

 

最小限の数はライフスタイルによって違う

いらないモノを削ぎ落とし、あるもので工夫する事はもちろん楽しいし
それがミニマルライフの醍醐味でもありますよね。
 
だけど家族の食事を作る側としては
毎日の事だし、ある程度便利じゃないと
とても続かない。
 
 
こうして生活スタイルの中でアイテムは違えど
沢山あっても良いものが人それぞれにあると私は思います。
私にとって 調理バサミは3つがミニマムなのです。
ミニマムを求めすぎるあまり不便では、
楽しくない!!
 
こんな感じで ゆるくミニマリストしていこうと思います。
 
 
ちなみに、
赤バサミは、良く切れるちょっといいやつですが
青と茶は 某百円ショップのものです。
投資したとか言ってますが、たった100円の話なんですよね。笑
 
 
こちらの記事もどうぞ
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告