すみれの壺

produced by 青野すみれ

シンプルで印象に残る自己紹介

広告
 
春だから自己紹介する機会が増えますね。
 
自己紹介もシンプルに簡潔にしたい。
と日頃思っていますが
名前と「よろしくお願いします」だけではなんか面白くないです。
 
そういう時は、干支と好きな食べ物を言うようにしました。
 
青野すみれです。よろしくお願いします。
 
だけより
 
青野すみれ です。申(さる)年です。好きな食べ物はチョコレートです。
よろしくお願いします。
 
の方が、確実に印象に残ります。
 
f:id:aonosmile:20150407080859j:plain
 
 
ではなぜ「干支」と「好きな食べ物」か私なりの考えを説明していきます。
 
 

「干支」は相手に自分の年齢をやんわり伝える。

ストレートに◯◯歳です。と数字で歳を言われると直球すぎて
相手は本人を前にして、え!若いな〜とか老けてるな〜  とか年齢に対する印象ばかり残ってしまいます。
もしくは2個下か。とか3つ上か。とか数字ですぐに上下関係を意識してしまいがちになると、打ち解けにくいと思うからです。わざわざ年齢を知りたくない相手もいます。
 
そういう時に干支は便利だな。と思って使うようになりました。
 
数えようとすると、わかるけど
とっさにはわかりにくい。
同じ年の時だけ すぐわかるので
同い年ならではの共鳴はすぐにできます。
 
あとで、青野さんそういえば何歳なんだろう。って改めて思って
確か申(さる)だから…
ね、うし、とら、う……と数えて
へぇ。となるくらいがちょいど良いシステムです。
 
あとは干支は動物なので
イメージしやすく、覚えやすいから印象にも残りやすい。
 
 
 

「好きな食べ物」は幸せのイメージに繋がりやすい。

誰かが好きな食べ物を食べているところをイメージてみてください。
きっとその人は笑顔でとても幸せそうな顔のはず。
好きな食べ物を伝える事で自分のイメージを良く残す事ができます。
 
あとは後日、運が良ければ覚えてくださってる方から好きな食べ物を頂ける場合があります^ ^これは嬉しい!
しかもこれは相手がどれだけ自分の事を意識してくださってるか。を見極める目安にもなり一石三鳥な感じです。
 
 

大勢の中でも印象に残るために

干支と好きな食べ物で印象づけるのは
大勢でする自己紹介の場合に向いてますね。
相手と自分だけとかの場合は、
もう少し会話の工夫が必要になると思います。
 
自己紹介で何を言うか迷っている方の参考になればと思います。
 
 
 

 

 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告