読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

手元にいつも置いておく本:銀色夏生さんの「Balance」

広告

本は気づいたら増えているモノのひとつ。

 

在庫は「整理棚の1段分まで」とルールを決めて、それ以上になったら

あげたり売ったり、手放すものを選定するようにしています。

その中で、いつも手元に残っている本のうちのひとつが、

 

銀色夏生さんの詩集「Balance」(バランス)

f:id:aonosmile:20150426100621j:image

 

 

この本の最後のほうにある

「いつもいつも次に来る季節が好きだ」という詩が好きです。

 

自分を見失いそうになったときに読むと

「そうだ、自分はこれでいいのだ」と思い出させてくれる大切な詩です。

 

時間が経って読み返しても気持ちが変わらない

 という本は手元に置いておくひとつの基準になりますね。

 

詩の中の好きな一文

好きな空の色ならうすい青だし、好きな服の色なら白。好きな地面の色は草原の緑、好きな水の色は透明。嫌いな色があるのではなく、嫌いな組み合わせがあるだけ。……
だから、季節といえばいつもいつも、次に来る季節が好きだ。

 

読むと前向きになれる自分

やっと出会えて好きだと思っていたことが、急に面白くなくなったり、

手放したくなったりする。

昔から、そういう熱しやすく冷めやすい。飽き性な自分が嫌いでした。

でもこの詩と出会ってから、自分は「飽き性なだけじゃない」と前向きにとらえられるようになった。

 

好きなものがひとつに定まらなくて、あれこれ興味が分散する。

集中力や根気がないなぁと、落ち込むときもこの詩を読むと、自分はこのままでいいんだ。と思わせてくれました。

 

好きなことが見つからない。見つかってもすぐ次を見つけたくなる。

それは、いつも新しい何かへのワクワクが私の原動力になっていて、

それが、私らしさだということ。

 

いつも何かわからない次に来る何かが好きで、好きなことがハッキリ言えないんじゃなくて、嫌いなモノの組み合わせがあるだけ。

 

どこかで、ハッキリ「こう」と自分を決めて生きていくことにかっこよさや憧れを感じ

探していたけれど、それは私にとってはずっと見つからないことなのかもしれない。

見つけなくてもいいのかもしれない。

そんな風に、肩の力がすっと抜けたような。

 

これからも大切に読んでいきたいと思います。

 

 

↓調べたらKindle版がでていました。

でもやっぱりページをめくって読む趣きが好きかな。

 

Balance (角川文庫)

Balance (角川文庫)

 

 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告