すみれの壺

青野すみれのブログ

生活に「無くても大丈夫なモノ」は結構ある

普段の生活の中でなくてもOKかも。というものはそれぞれあると思います。

 

先日Live Simpiyのあおいさんの記事「無くても大丈夫なもの」を読んで「枕」を手放せる生人もいるんだ!と驚きがありました。

「無くてもいい」はひとそれぞれ違いますが、色んな方の無くてもOKの事例を知ることで、自分もいつも探してみたくなる。

今回は、私が無くてもいいと思っているもの、やめてみたものをピックアップして書いていきます。

 

1.部屋着

ダラダラする部屋着をやめて

いつもの服装+家事の時は下はデニムにして、エプロンを活用してみる事にしました!

 

今までエプロンはしないで、汚れてもよい服装で家事していたけど、

エプロン家事にしたら生活にメリハリができた気がします。

 

おはぎさんの記事が説得力があります!

「どうでもいい時間をなくす」には納得でした。

2.マスカラ

マスカラなしでどこまで目ヂカラをキープできるか実験中。

目元はビューラーとブラウンのアイシャドウだけで。何もしないとまつげが下向きなのが悩みですが

マスカラをやめるとまつげが抜けるのが減ったと思います。

このまま少しボリュームアップしないかなぁ。。と願っています。

 

あとは目をパッチリ開ける習慣にしました。(O_O)目の周りの筋力とかも鍛えないと衰えたりするのでは?

 

▼マスカラをやめると痒みが改善しました

 

 

3.歯磨き粉

歯ブラシは↑の歯磨き粉無しで磨けるハブラシに変えて半年くらいが経ちます。

はじめはすっきりしないような気がしたけど、今は逆にハミガキ粉の成分(フッ素や香料、発泡剤)を口に頻繁に入れる事の方が抵抗があるようになりました。

 

使わない方が丁寧に時間をかけて磨けるようになったのが良かったこと。ハミガキ粉を使って磨いていた頃は、なんかせわしない感じで、今思えばハミガキ粉の成分に惑わされてスッキリした気になっていただけで、きちんと磨けてなかったように思います。

 

必要以上に口の中が乾いたみたいにならなくなったし、ハミガキした後に水分補給しても不味くない。のも◎

 

生活の当たり前を見直してみる

当たり前に使っていたものを無くしてみると新たな発見と楽しみがあります。

生活スタイルに合わなければ戻せばいいし、良かったら定着させればいい。

そんな感じの毎日です。

読んでくれた方の新たな発見になれば嬉しいです。

他の方の「無くても大丈夫情報」も楽しみにしています。

 

こちらもどうぞ

広告

▶HOME[記事一覧]

プロフィール メッセージ・お問い合せ TwitterInstagramfeedly
「すみれの壺」はGoogleAdSense・Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトを導入させていただいております