読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

【簡単中華】トマトと卵の炒めもの

食-レシピ
広告

トマトが美味しい季節になってきました。

我が家の定番トマト料理は

トマトと卵のシンプル炒め」

夫の母国、中国の定番料理ということがきっかけで我が家でも定番になりました。

それまではトマトを「炒める」をしたことなかったのでとても新鮮だったのを覚えています。

 

 作り方

1.トマトを湯むきします

皮が気にならなければそのままでも◎ 私も面倒でしない時が多々。。。

f:id:aonosmile:20150528074201j:image

トマトの先端に十字に切り目を入れて沸騰した鍋に投入、

さっと茹でたら今度は冷水に投入↓

f:id:aonosmile:20150528074217j:image

そしたらトマトの皮がフワフワ〜っと気持ちよく剥がれます。

この工程が気持ちよくて大好きです。綺麗に向けたら気持ちもスッキリします。

 

 

2.トマトを切る

f:id:aonosmile:20150528074240j:image

乱切り?切り口が斜めになるように切ります。

その方が炒めた時にほどよくトマトが崩れて卵と混ざりやすくなります。

あまり細かくしすぎるとドロドロになるので注意。

 

 

3.溶き卵と合わせて炒める

f:id:aonosmile:20150528075038j:image

卵がある程度固まったら端に寄せて

トマトを投入。

f:id:aonosmile:20150528074302j:image

後は卵に完全に火がとおったら

お塩を入れて炒める。

 

注)塩を早く入れてしまうとトマトから水分がですぎてドロドロになります。

 

4.完成。

完成の写真を撮り忘れたためありません。、、

トマトと卵の赤と黄色が食卓に並ぶと

明るく彩り良くなり一気に見栄えよくなります。

出来上がりはみなさん試して自分の目で確かめてみてくださいね。笑

 

最後に

トマトは簡単サラダか、

手間がかかる煮込み。の選択になりがちだけど、

炒めると、また違った楽しみ方ができるのでおすすめです。

完熟じゃないトマトも、炒めることでトマトの酸味もまろやかになり食べやすくなります。

 

味付けも「塩のみ」でシンプル。

しっかり味が好みの方は、溶き卵にも味付けするのが良いかもしれません。

 

私の中華料理の師、ウー・ウェンさんの本

中華の楽しみは彼女の料理本からたくさん教わりました。

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告