読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

身体洗いはお湯だけ、顔洗いは手ぬぐい洗顔

広告
 
このブログを書き始めた頃に、「湯シャン」についてはいくつか記事にたんですが、
さらに「身体や顔もお湯だけで洗ってる」なんて書いたら、不潔疑惑でもうブログ読みに来てくれる人がいなくなるんじゃないかな。ってちょっと思っていたんです。笑
 
 
それくらい石鹸やボディソープで毎日洗うのが当たり前のイメージが強いんじゃないかと思います。女性は特に。
私も何年か前まではボディソープやボディタオルを使って
それはもう、ガシガシ身体を洗っていました。。
 
洗った後は「乾燥するから」と言っては、ボディローションやクリームをお風呂上がりに塗りまくってたんです。
 
今考えると、なんと無駄な習慣だっただろう。と思います。
ボディソープとナイロン製のボディタオルで肌に必要な皮脂や油分をわざわざゴシゴシ落として、それからまたわざわざ保湿して潤す。
という必要なモノが出たり入ったりするムダな一連の流れを毎日繰り返していたんですよね。
 

 

お湯だけで洗うと乾燥しない

私の場合はまず、ボディタオルを使って洗うのをやめました。
ボディソープから石鹸に変更して、全身を手のひらで洗うことにしました。
 
それだけで肌の乾燥具合は少しマシになりましたが
そこから更に石鹸で洗う箇所も減らしました。
脇の下やデリケートゾーン、足指、首回りとか気になる部分だけ。
そうしたら、腕やスネなんかのカサカサがどんどん無くなっていきました。
 
それからです。
もう全身石鹸を使わなくても大丈夫かも?と思ったのは。
現在はお湯のみです。
 

特に匂いも気になることもありません。

逆に他の香りには敏感になったかもしれません。香水、芳香剤とかがキツく感じるようになりました。他に不快な点は全然見当たりません。
 
 
 

湯船に浸かる・手ぬぐいで洗う

湯船には毎日しっかりと浸かっています。
しっかり浸かったあと、気になる部分があれば手ぬぐいで軽く優しくなで洗い。
手ぬぐいの細かい繊維が古い角質を絡め取ってくれるらしく、肌がツルツルになります。
愛用の手ぬぐいは
直島に行った時にベネッセミュージアムで買った草間彌生さんのパンプキンデザイン。
 
f:id:aonosmile:20150709005804j:image
 
 

洗顔も手ぬぐいでOK

顔も基本お湯洗いです。
メイクしているときは先にホホバオイルででメイクを軽く落としてから、
石鹸を手ぬぐいに少し泡立ててからクルクル優しく洗います。
余分な角質が取れてくすみがクリアになります^ ^
メイクしてない日は、お湯+手ぬぐいのみ。
 
 

手ぬぐいの手入れは?

手ぬぐいは繊維が傷むため洗濯機やアイロンはNG、手洗いが良いそうです。
使ったあとの手拭いは
毎日そのまま石鹸でじゃぶじゃぶ洗って絞って、お風呂場に干して終了。
薄いので乾きが早く、室内干しでも雑菌繁殖の心配も少ないから安心・便利です。
 
 

まとめ

  • お湯だけでも汚れは落ちる
  • 日頃、乾燥肌の方はボディソープや石鹸を止めてみると肌の調子が変わるかもしれません。
  • 手ぬぐいは肌がツルツルになるし、扱いやすいのでおすすめです。
 
 

 

★直島パンプキンの手ぬぐいはこちらで購入できます♪

 

こちらの記事もどうぞ

 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告