読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

【常備菜】残り野菜でピクルスを作る。

食-レシピ
広告

夏のこの時期は、お出かけが多かったり、外食が多かったりして台所はお休みになりがち、冷蔵庫の野菜を余らせてしまったり…

 

 逆に「休みに自炊しよう!!」と意気込んで野菜を買ったのはいいけど、使い切れず、傷ませてしまったり…そんな経験はないでしょうか? 
 
そんな時余った野菜、余りそうな野菜は、まとめて簡単ピクルスにしています。
ピクルスって名前が苦手意識を呼びそうですが、要は「洋風浅漬け」。

簡単ピクルスの材料と作り方

【材料】今回使った量の目安)

  • セロリ(大1本)

  • 人参(中1本)

  • キュウリ(1.5本)

 

  • お酢   大さじ6

  • 砂糖(我が家は甜菜糖)大さじ3

  • ローリエ(月桂樹の葉)2枚

  • 黒胡椒(ホール)    15粒くらい

 

 1.切る

f:id:aonosmile:20150816093756j:image

縦に切るのが食べやすいのでオススメ。漬かり具合を考慮して固めの野菜は薄く柔らかい野菜は厚めに。今回の場合、人参は薄めに、キュウリは厚めにしています。セロリは斜め切りにすると筋が気になりにくいです。

2.塩漬け

20150816093808

カットした野菜全体に塩(小さじ1位)を振りかけしばらく置く。10〜15分位したら野菜から水分が出てくるので、絞り捨てる。 

 

 3.ピクルス液を作る

20150816093823

お酢、砂糖(甜菜糖の為茶色い)、ローリエ、黒胡椒粒を入れて煮立たせる。ピリッとしたのがお好みならここで唐辛子を入れてもオススメです。  

 

4.漬ける

f:id:aonosmile:20150816094754j:image

煮立ったピクルス液が熱いうちに、2.の絞った野菜とともに密封容器に入れて漬けます。ピクルス液が全体に行き渡るように蓋をしてフリフリしてみて下さい。 

 

 5.食べる

冷蔵庫で一晩くらいしたら、それ以降食べ頃です。よく漬かったのが好みなら、もうしばらく。浅漬けが良ければ、ピクルス液を取り出して下さい。

ピクルス液は煮沸してもう一度使えます。  上にも書きましたが、唐辛子を入れてピリッとさせるのもオススメです。他にオススメな野菜は大根、カブラ、パプリカ、など。野菜が余りそうだな〜と思ったら試してみて下さい。 

 

 常備菜の関連記事

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告