すみれの壺

produced by 青野すみれ

リバウンドしない服の減らし方

広告

約1年前から比べると、服の量が半分以下になりました。

着る服を絞って
「私服の制服化」を心がけてきた結果、手放せるキッカケになったと感じています。
 
 
先日、ツイッターでこんなことを
呟いたらたくさん反応をいただきました。
 

 

洋服が好きだからこそ減らす

私自身、持ち物の中では洋服が1番手放すのが難しいです。
なぜなら服が好き。
おしゃれを楽しみたいから。
そして今までは、
たくさん服を持ってるほうがおしゃれできる。と思って過ごしてきた。
 
 
でも、違いました。
 
 
それに気付いたのは
私服を季節ごとに「ユニフォーム化(制服化)」してみてから。
 

少なくて工夫する方が、じつはおしゃれは楽しめる。

 
今はそう感じます。
 
 
私のように服が好きで、ついついたくさん持ってしまう。
どれから手放せばいいのかわからない。
という方は参考にしてみてください。
 
f:id:aonosmile:20150831081535j:image
 

 リバンンドしせずに服を減らす考え方

1.服はまず捨てなくていい。

何から捨てたらいいのかわからない。
どれも着たいし、どれもまだ着れるものばかり。気に入って買ったものばかり…
そうですよね^ ^それなら無理に捨てなくてよくない?
 
 

2.お気に入りのユニフォーム(制服)を決める

手持ちの中にある、着たいもので組み合わせて季節ごとにユニフォームを決めましょう。季節ごとの方が、おしゃれを楽しめるし、制服化しやすいです。
 

3.そればかり着て過ごしてみる

ワンシーズン、制服化したコーディネートばっかりで過ごしてみます。
あれやこれやとコーディネートを考える余分な思考をダイエットできます。
 

4.少なくても過ごせる自信になる

いくつか季節を過ごすうちに、少なくても過ごせる自信が湧いてきます。
自分に似合っている、お気に入りをいつでも着ている満足感と工夫する楽しさを感じる様になってきたら順調です。
 

5.制服化しなかった服は手放す対象。

さぁ、
出番のなかった服たちを手放す時がきました。高かったけどほとんど着ることがない服、デザインが気に入ってたけど合わせ辛かった服、あげたり、売ったり、処分したりして手放します。
 
 

お気に入りの服だけを着て過ごす習慣をつくる

制服化して過ごすことで、
とにかく新しく買わない1年でした。
 
これからは、減った分買うこともあるかと思いますが、
その時は、「制服化できるもの 」を選ぶと思うので
そうそう簡単には買わないでしょうし、
今まで遣っていない分、欲しいモノにはお金をかけられそうです。
 
 
ただ闇雲に、服を減らしたいから。と捨ててしまっても
また欲しくなってリバウンドしてしまう。そうならない為は、今ある服で先ずは少なく過ごすトレーニングをしてから
手放す方法が私には合っていた気がします。
 
 
次におすすめの記事
 
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告