すみれの壺

produced by 青野すみれ

35歳、ライフワークバランスを考える

広告

http://www.flickr.com/photos/47626742@N07/6211413410

誕生月の10月を迎えました。

もうすぐ道を歩くとキンモクセイの香りがしてきて、そうしたら私は35歳になります。

 
退職日もなんとか年内に決まり、この後3ヶ月は、有休消化をしつつ、徐々に減速しながら勤務して色々身の回りを整理していく事になりそうです。
 
 
その分逆に加速させて行きたい事は、
⚫︎新しく取得する資格への準備と心構え。
⚫︎あとは最近停滞していた所持品の見直し。生活スタイルが変わるわけですから、必要なモノ、必要無くなるモノが出てくるはず。
 
 

今までの経験を活かし新しい働き方を考える

資格の勉強はこれまで長年、現場での接客に携わってきた経験を活かせるよう、接客やマナーを指導できる立場となる講師として活動する為の資格を取得します。
「ありがとう」そう直接言ってもらえる喜び=働くよろこび   だという事は、接客を経験された方、好きな方にはわかって頂けると思います。
私もその悦びと、楽しさをやりがいにして今までやってきました。
が、家族ができて妊娠出産、子育てをしながら現場に立つという事の難しさをこの数年日々感じていましたし、同時に働いている事の意味も考えるようになりました。
 

自分にとっての働くことの意味

私にとっては今の仕事や働く事は好きです。でも突き詰めて考えた時、やっぱり家族の為に働いているのかな。という事。家族の事や一緒に過ごす時間を犠牲にしてまで、毎日の生活を疎かにしてまで続けていく事ではないし、私の中でそれは「両立している」とは言い難い事。
そうしたら今の私に出来る事は何だろう。。考えた時に「教えたい」「見守りたい」そういう気持ちが湧いてきました。
 

子育てを通じて得た新しい感覚

今まで「誰かに何かを教える」という事にはあまり興味を持てずに過ごしてきましたが、子育てを通じて、人が成長していく喜びを日々感じたことで、人が成長する過程に少しでも携われる。という立場が「講師」という仕事に魅力を感じられる理由になりました。
 
 

「あの人に会いに行こう」

まだまだこれからなので、手探り状態ですが、私はお客様の笑顔はもちろんですが、接客している人の笑顔を増やしたいです。同じモノを買うのでも、「あの人から買おう」「あの人に会いに行こう」そう思って貰えるような魅力溢れる人がたくさんになればいいな。と思っています。
 
 

モノを減らしていく過程で得たもの

そんな感じで、ライフワークバランスを考えた結果、私は今のフルタイム勤務を手放し、新しい働き方を選択する事にしました。もちろん収入は減ります。自分が行動しないと、何も始まりません。
だけれど、それと引き換えに様々な事が得られる様が気がしたので、私は一歩踏み出す事にしました。
そこの考えに至ったのもモノを減らして生活してきた事が大きかったと思います。
  • 自分に何が必要で何が必要でないか。
  • 本当に必要なモノは少ししかない。
  • 自分は今後どう在りたいか。
 
モノを減らす中で考え続けた結果だと思います。
少ないモノで暮らせる自信もつき、収入が減ることへの不安も少なくなり決断を後押ししました。
 
 
長くなりましたが読んでくださった方ありがとうございます。
今まで、通勤中に更新するのを習慣にしていたので、今後は更新時間を決めようか。と考え中です。
決めないとこうして、ダラダラと書いているわけで。。
今までいい意味で時間管理されていた私の生活。今後は自己管理をしっかりしていかないとな…と感じました。
 
これからもよろしくお願いします。
 
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告