すみれの壺

produced by 青野すみれ

プレゼントにはAmazonの欲しいものリストを活用

広告

近頃「プレゼント」について考えていました...

 

自分がモノを厳選したり、減らしたりして過ごす中で、

誰かに贈り物をすることに対しても、構える様になっていた気がします。

 

これを贈っても迷惑にならないかな?

好んで使ってもらえるかな?

やっぱり消えモノだったり、無難なモノにしておこう・・・

 

f:id:aonosmile:20151027172627j:image

 

 

Amazonの欲しいモノリストを活用してみよう

そんな中で、色んな方々がWishList(Amazonの欲しいものリスト)を公開しているのを拝見することが増えて、

相手の方が「欲しい」と思っているモノをピンポイントでプルゼントできるシステムってシンプルでいいな。というのと、ギフトカードで贈れるスタイルは日ごろの想いをカタチにできる素敵なサービスだな。と思いました。

 

今までこういった情報を公開することには積極的ではなかったのですが、

ちょっと皆さんをマネてチャレンジ。公開してみようと思います。

贈る側も贈られる側も未経験なので、試行錯誤してリストを作ってみました。

 

www.amazon.co.jp

自分のリストを公開すると、名前と都道府県までは贈り主さんに公開になるみたいです。

贈り主の方は住所がこちらに伝わってしまうようですが、

「Eメールタイプ」のギフトカードだと住まいや名前を公表せずに贈ることができるようです。これなら抵抗なく贈ったり、贈られたりできそうです^^

 

 

プレゼントってモノやカタチじゃない。

贈るという行為で「想い」をカタチにして表現し相手に伝えることができる。

最近は何を贈るかばかり考えて、そういう気持ちが薄れていた気がします。

 

本当は何を贈っても、その「想い」を贈ることが大事なわけで

「何を贈るか」じゃなくて「気持ちを表現するか、しないか」

改めてプレゼントについて色々思い直しました。

そんな中、やっぱり「Amazonの欲しいものリスト」は相手の欲しいもので応援&感謝できるので手軽で楽しくやりとりができそうなツールですね。

 

 

感謝の気持ちをペイフォワードしていく

お二人の感謝の気もちの「ペーフォワード」という考え方が好きです。

私も積極的にペイフォワードするためWishListを活用していきたいと思います。

minimote.hateblo.jp

erisaslife.net

 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告