読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

古くてもOK。未使用ハガキをお得に使い切る方法

暮らし 掃除・片づけ
広告

先日実家から処分しようと持って帰ってきた箱。

じつは、思い出だけではなくこんなモノも入っていました。

 

f:id:aonosmile:20160629155730j:image

 

使用しなかった、古い年賀状。

なんと郵便番号欄が5ケタ!かなり古いです。

 

応募とかに使うつもりだったのかな?

いや、たぶん当時は処理方法がわからず、ただただ勿体無い。と、

とりあえずで箱に入れたんだと思います。

 

そうやって処理を先送りすると、どんどんモノが増えていってしまうのにね。

 

 

 

定形外郵便の送料に利用しました

未使用の年賀はがき(書き損じたモノや古いモノも可)は、

郵便局で手数料1枚あたり5円を払えば、切手やレターパックに交換してくれます。

とエラそうに言ってますが、私も知ったのは最近。

 

家にのこってた年賀状を利用して、メルカリ発送の一部充てたのですが

今回も、ちょうどタイミングよく発送するものがあったので、郵便局へ持ち込みました。

 

まとめて、1000円ほどあった送料がタダになりました!わーい。

(正確にはタダではなくて、昔ハガキを買ったお金で支払った。ですね)

 

 

ややこしい計算は、ハガキを渡せば窓口の方が算出してくれます。

手数料も交換切手分に充当してくれたので、払わずにすみました。

それでも余った場合は、切手でもらって、足りなければ現金を足して支払い。

 

 

今回は20年近く前のモノで、中には40円とか41円の日に焼けたのも何枚かありさすがに躊躇しましたが

快く、計算・交換していただきました。

かなり古くても大丈夫みたいです。

 

 

使い切るとスッキリする

眠ってたモノが活用できると

気持ちがいいです。

 

使わないモノをただゴミに出して減らしていくことは、簡単。

でもそれだけでは、何だかスッキリしない。

それよりも何か違うかたちで活用しながら減らしていくことが、

時間はかかるけど、私にとっての気持ちいい減らし方なんだな。そう思います。

 

昔「テトリス」にハマりましたが、組み合わせて消えていく。まさにそんなイメージの気持ちよさ。

 

 

もちろん、

はじめから余分に買いすぎないのがいちばん良いのですが…

 

 

使いきるにまつわる関連記事

 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告