すみれの壺

produced by 青野すみれ

子どもに挨拶を教える:知ってる人だけにする人が多すぎる件

広告

f:id:aonosmile:20160707181741j:image

娘と七夕の飾りつけをしてきました。

「ずっと公園にいけますように」

遠くを見てない今にフォーカスした願い事だなぁ。

 

そんな娘ですが、恥ずかしくてなかなか自分から挨拶できない。

あいさつの大切さを教えるのは、なかなか難しさを感じます。

 

 

母:あいさつしなよ。

娘:え、でもアイサツされなかったもん。

母:だから自分から先にするんやん。

娘:知らない人だもん。

 

この繰り返し。

 

まずは、「しなさい」とは無理強いはせず

自分がやってることを日々見せていくこと。それと何か良いエピソードを交えて 話すことで伝えていけたらと、気長に考えています。

 

 

それにしても…

少し愚痴っぽくなりますが、保育園に送り迎えに来ている親御さんたち自体が、あいさつしない人が多い。

 

しない人というか、知ってる人にだけする人が多い。

でもそれって逆。

娘もよく言うのですが「知らない人だもん」って

 

そう、知らないから挨拶するんです。

でもこのさじ加減って難しいし、教えにくい。ほんとうに全然見ず知らずの場所で、通りすがりの人にチャラチャラ挨拶しにいったら、それこそ危ない目に遭うし。

 

イメージとしては、日々関わっているコミュニティ内では、顔をあわせればまず挨拶。

 

知らないからこそ挨拶

私がある先輩から教わったのは、

昔々、武士の時代には挨拶しないと刺されたそうです。挨拶というのは「あなたに対して敵意はないですよ」という敬意の証し。

身を守るために欠かせなかったものなのだそうです。

 

だからといって、

今の世の中、刺されるワケではないですが、結局「知らないからこそ挨拶」なんですよね。

 

私の感覚では、知らないから逆に「挨拶」くらいしかコミュニケーションのツールがないし。とも思っています。

 

 

コミュニケーションにまつわる関連記事



ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告