すみれの壺

produced by 青野すみれ

言葉の文化が違うことで生まれるユーモア

広告

週末は暑かった。

もう梅雨明けしたんだっけ?ってくらいカンカン照り。

 

涼を求めて、公園にある噴水広場
通称「じゃぶじゃぶ広場」で遊んでいました。

 

f:id:aonosmile:20160703195814j:image


で、ぜんぜんお出かけとは関係ないんですが今日は久しぶりにあった

言葉のオモシロまちがい。

 

 

夫も含めて、中国語を母国語とする人は、濁音と清音の区別が苦手です。

苦手というより、中国語の方が発音の種類が多いので、日本人が区別している以上に、中国人の方が聞き分けてしまう。というのが、間違いが起こる原因。
ここでは難しい発音の話は置いておきますが、


今日夫はずっと
「暑いし、しゃぶしゃぶ広場行こう。」
と言ってました。

しゃぶしゃぶ広場!笑

一瞬で私の脳内には、噴水を囲んでお箸を持ち、しゃぶしゃぶしてる人たちの姿。
いやいや、余計に暑いし!

 

家族で大爆笑。

最近は、娘もこの笑いのやりとりに混じれるようになって楽しい^^

 

濁点シリーズの間違いは
夫も、もう開き直ってるのですが、自分でもおかしいらしく爆笑です。

 


他にも過去作としては、
私:「旅行にさ、何着ていくの?」
夫:「あー、ボロシャツ着ていくつもり」

私:笑。がんばってー。よかったら買い替えようか?
正解は→ポロシャツ

 

 

夫「家の前に、めっちゃいっぱいガラス飛んできてた。」

私:えー!まじで!めっちゃ危ないやん!掃除せな。

夫:え、そのまましてたら、大丈夫でしょ?どっかいくし。

私:え、あかんよ。誰かケガするやん!

夫:勝手に飛ぶって。大丈夫。

私:。。。。?あ、カラスのことか。

心配して損した…笑

 

こんな調子。

 

 

くだらないことなんですが、いつもこの濁点シリーズに楽しませてもらってます。

言葉の文化が違う人との暮らし。

難しいこともたくさんあるけれど、

それ以上にこの面白さは特権と思ってフォーカスすることにしています。

 

 

「違い」にまつわる関連記事

広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告