読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

年賀状を減らしつつ思うこと。

広告

新年三ヶ日があっという間に終わりましたね。

昨日まで、ほとんど流れがなかったベランダからの風景も、今日から徐々にスピード感がでていました。

 

仕事初めの人たち、、まだまだお正月気分の人たち、、、空気がミックスして面白かった。

f:id:aonosmile:20170104181822j:image 

 

さて、お正月といえば年賀状。

そういえば、どこかのニュースで目にしましたが日本人がお正月に、もうやめてもいい。と思っていることの堂々第1位が「年賀状」でした。

 

前回(2015年末)のわが家は、ミニマム化する方向で、

数を減らし、SNSと併用したり、発送も来た方に「返事を書く」スタイルにしてみました。

 

▶︎年賀状のやりとりをやめたい。とりあえずやめてみること2つ - すみれの壺

 

今回(2016末)はというと、

初めてスマホの無料アプリで作ってみました。

スマホにある写真を使ってデザインやカスタマイズできたので、ほんとにコンパクト。 

今まで、年賀状といえばパソコンひらいて、プリンター使って…というイメージが強く刷り込まれていたので、え?これだけ?という感じで済んでしまいました。

 

 

スマホで年賀状、料金は? 

料金は?というと、

一枚100円ほどで作れました。

高いか安いかはそれぞれ捉え方があるかと思いますが

わたしは枚数が減ったぶん、予算的にはまったく問題なし。仕上がりも十分でした。

作った画像をSNSにシェア可能なのも嬉しかったし。

 

利用はしませんでしたが、

宛名書きも情報を登録すれば無料でできるし、さらにそのままお届け先にポストインも手配できるという…

なんとも便利な時代!

 

でも、なんだかそれじゃあ味気ないですけどね。

同じ出すなら一筆添えたいし、

カタチだけになってしまうなら出さない選択をする。

 

今年も、遠くに住んでなかなか会えない友人や、元気そうな子どもたちの写真でパワーを送ってきてくれる友人へ、わが家バージョンを送りました。

 

 

ただ、張り切ってクリスマスまでに投函したんですが、結局年の瀬ギリギリにおじいちゃんが亡くなって喪中に。

SNSバージョンはアップできずにいます。

今はおめでとうー!って弾けて言ってるのはなんか違うと思うし、

でも、挨拶してないのも何だか変な状態。。。うーん。

 

 

年賀状のやりとりはなくていい?

思ったことは、やっぱり前回の「お返事方式」の方が、相手とやりとりが充実して楽しかった。ということ。

 

お互い元旦に送りあうと、どうしてもメッセージが一方通行になってしまう。

なら、改めて返事書く??いや、それほどたいそうなことでもない。

ただ一年に一回、大切な友人やお世話になった方を想うのに、年賀状はとても良い機会。でも「風習」に囚われすぎてしまうと、本来の良さを失ってる気がする。

 

無くしていいのは、どうしても元旦に送らなきゃ。とか、いつも届くからとりあえず出しとこー。みたいなこだわり。

 

もう少し自由に、柔軟に、年末年始のごあいさつを活用できるようになればいいですよね。

 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告