読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

壊れたハンガーの寿命を延ばしてみた話。

ミニマリスト 暮らし 子育て
広告

洗濯物干しで使っている、プラスチック製ハンガー。劣化してきて、パキッといっちゃいました。寒い時期によくこうなる。

 f:id:aonosmile:20170110151617j:image

 

毎日お世話になるモノが、こうして目の前で寿命を迎えてしまうのは、何だか切ない気持ちというか、ついつい新しいのを買い足して安心したくなりますね。

 

でも我が家のハンガーはというと、少しずつ個数が減ってきてますが、今は慌てて買い足さず様子見です。

 

わたしにとっての家事の心地さは、便利なモノを沢山持つことではなく、

管理がラクになるものを選んだり、

そもそも使わない選択をすること。

 

今度買い足す時には、少し丈夫で長くつかえるステンレス製のものにしようか。。それとも、手持ちの洋服が減った分、ハンガーの余りがあるので、洗濯用にこだわって増やす必要もなくないか…と自分会議中。

 

関連記事▶【クローゼット公開】少ないからできる合理的な服の管理 - すみれの壺

 

 

壊れたハンガーを活用してみる

いつもなら、「ありがとう、さらばじゃ」と潔くゴミ袋に葬るのですが、

今回は何となく、「まだ、僕使えますよ」というハンガーからの訴えが見えた気がして、

 

折れたハンガーを眺めること、数秒…

 

片方は洗濯バサミに、

f:id:aonosmile:20170110151006j:image

 

もう片方は、

なんかの形に似てるな…

「あ、弓やな」

そう思って、壊れたハンガーを持って弓矢を構えるポーズをとると、娘に大うけ。

さっそく奪っていったので、しばらくおもちゃになってサヨナラやな。なーんて思ってたら、

 

ふと見ると、紙で矢を作ってた。

いいねー。その創作欲。

 

と嬉しくなったので、ならばと大人の知恵で、ちょっと本格化。

f:id:aonosmile:20170110151106j:image

ゴムをかけて、

紙製の矢も竹串やピンチで補強してみした。

 

立派な?おもちゃになりました。

めっちゃとびますよ。

しかも、このハンガー乾きをよくするために肩部分が伸びるタイプだったんです。

これを伸ばすのが、強くなるイメージみたいで嬉しいらしい。なんかわかる気がする^_^

 

話題のおもちゃや、可愛いグッズをを買って増やすより、やっぱりこういう遊びのほうがしっくりきます。なにより子供の反応が違いますもん。

 

 

多用途な視点でモノの命を使い切る

少ないモノで暮らしていると、

多用途に使える視点が、自然と肥えてきたなぁ。と感じています。今回の出来事もそのひとつ。

ひとつのモノが、それ以外でも活用できそうにみえてくる。笑

周りからみれば、ちょっと貧乏くさいことなのかもしれないけれど、

わたしにとっては、そのアイデアが増えてくことが、とても楽しいし、なくても大丈夫か…。と気楽で構えず暮らしていられる秘訣になっています。

 

カタチを変えて最後の最後まで使ってみる。モノの命を使い切る。という考え方をこれからも大切にしていきたい。その背中を我が子にも見ていてほしいと思います。

 

 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告