すみれの壺

produced by 青野すみれ

ミニマリズムで行動力がアップする

広告

久しぶりに体重計にのったら、2キロ増えてました。完全に運動不足。

ということで、先週から朝にヨガを、昨日から夜にスクワットも始めました。
 
始めると決めてから、行動するまでの速さは、ミニマリストという生き方だからこその、特技なんじゃないかな。と思います。
 
何にもないフラットな部屋があれば、
何でもすぐできちゃう。
できるイメージがすぐに湧くので、行動にうつしやすいです。
 

http://www.flickr.com/photos/83905817@N08/7676579466

 

 

道具がなくても、とりあえずやってみる。

無くても大丈夫。のアイデアを自分の中に増やす習慣にしてから、ミニマムな暮らしが楽しくなり、モノが増えにくい暮らしになりました。

 

まずは、行動して、それから何が必要か考えてみる。
ヨガをするのにヨガマットは必要。そうかもしれない。でも無くてもできるかもしれない。
無くてやってみると、無いといけない理由がわかるので、本当に必要か考えるきっかけになっています。
 
そして、必要な理由は人それぞれで違うし、
はじめから買っているとそれに気づくことってとても難しい。
 
 
ケチケチしてそうするんじゃなくて、
無いといけない理由がわかってこそ、本当に必要なモノが手に入る。
それが、最小限で生きるコツになりました。
 
 
以前は結構、形から入るタイプだったからよくわかるんです。
いいマット買ったからやるんだ♪みたいな。でもそのモチベーションって本当に長く続かない。
結局気に入らずに、やりたいことも続かなくなったり、使わない持ち物が増えていくから、部屋が煩雑になっていく。
 
 
 

モノがたくさんある状態で、何を始めるのも、まずは片付けからになるのは残念。

  • 片付けはめんどくさい→結局やらない。
  • 片付けしてる間にやる気が萎む→行動のきっかけを失う。
 
思い立った時にすぐにできるのは、タイミングを逃さないから、成功しやすい(続けやすい)と勝手に思っています。
使わないモノにそのタイミングを邪魔されるのは、本当にもったいないです。
 
心の中も同じで、きちんと片付いてる。スペースがあると、気持ちに余白があり、新しい興味に迷いなく行動ができる。
 
少ない暮らしが、私の行動の可能性を広げてくれるんだと、感じています。
 
 

 関連記事

 

広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告