すみれの壺

produced by 青野すみれ

お風呂掃除も合理的に。専用スポンジを使わないことにした

広告

お風呂に無くてもいいものがまたひとつ増えました。

それはお風呂掃除のスポンジです。
 
代わりに使ってるのが、これ
 
f:id:aonosmile:20160404175115j:image
 

 

スポンジ素材の石鹸置き

100円ショップのものですが、シンプルな白や黒がなく、意に反してピンクです。。
どうせならと娘の好きな色をチョイスしてみました。
 
 
 
シャンプーやボディーソープを使わなくなってから、
お風呂場には、石鹸があるのみ。
 
 
石鹸置きも色々試しましたが、
スポンジ素材が1番水はけがよく、石鹸がヌメリません。
家族が次々入浴しても、使いやすい。

 

 

翌朝、石鹸を動かすとこんな風にスポンジが石鹸を含んでいるんです。
 
f:id:aonosmile:20160404175226j:image
 

お風呂掃除に兼用する

これをそのまま泡立てて、浴槽や床をサッと洗って、最後にスポンジを水洗いしてよく絞り終了。
 
石鹸置きも綺麗にリセットされて気持ちがいいです。
 
 
浴槽は毎日洗っているし、
ボディーソープやシャンプーを使わないから床もそんなに汚れません。
気になる時は、たまに雑巾やタワシでゴシゴシ。
普段はサラッと洗うだけで十分。
 
 
 

自分のために合理化する

実はお恥ずかしいですが、結婚してから今までお風呂洗いはほとんどしてこなかったんですよ。ずっと夫が担当で。
 
彼はスポンジと気に入ったお風呂洗い洗剤を常備していつも洗っていました。
 
2人共、外で働いていたときは家事も半々、お互い向いてる家事を担当していたんですが、私が家に居る時間が増えてからは、担当も変化。この度お風呂洗いを毎日することとなりました。
 
始めは夫の名残りにならって、スポンジで洗っていましたが、しばらくして私の合理化思考が「これ、石鹸置きで兼用できますよ」って囁きはじめたんですw
 
 
なかなか、快適で気に入っています。
これまでは割と家族みんなが合理的に家事ができることが重視だったけど、
 
私の家事ウェイトが増えたので、ある程度自分目線の合理的さにフォーカスしていく必要があるな。と感じています。
 
そうでないと、続かない。毎日のことですから^ ^
 
 

 関連記事 

 
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告