読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

ブランケットの合理的収納方法。季節外のアイテムも死蔵させず年中使う!

暮らし 少ないもので暮らす
広告
そろそろ暖かくなり、
冬アイテムも仕舞っていく時期。
 
我が家の冬はコタツはなくて、
ホットカーペットと家族ひとり一枚ずつ使う、ひざ掛けブランケット。
 
f:id:aonosmile:20160323111521j:image
 
そんなブランケットも
そろそろオフシーズン。
だけど、季節外のアイテムって
保管している時期が、
なんか、もったいない。活躍させたくなります。

 

 
ということで、

我が家のブランケットには年中休まず働いてもらいます!

 
1.こちらはいつも、座椅子で使っているクッション。
 

f:id:aonosmile:20160323111500j:image

 
2.中を開けると、じつはもう一枚クッションカバーを入れてある…
 
f:id:aonosmile:20160323111510j:image
 
そうです!

ひざ掛けに使わない時期は、クッションの中身になってもらっているのです。

 

3.洗ったブランケットは、クッションカバーの大きさに合わせて整えて、詰め込みます。
 
f:id:aonosmile:20160323111543j:image
3人分入れて1つ。
たくさん入れるとフカフカに。
少ないと座布団風になります。
形が少し歪なのは、ご愛嬌♪
 
 
4.クッションが2つに。
 
f:id:aonosmile:20160323111530j:image
 
これからの季節、和室でごろ寝する用に
クッションは増えても嬉しい^ ^
 
次のシーズンも使いたくなったら、すぐ使えます♪
 
 
以上、我が家の
季節外のアイテムを死蔵させない工夫でした。
 

 

関連記事

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告