すみれの壺

produced by 青野すみれ

フリーマーケットで会った女性

広告

フリーマーケットで大物をいくつか処理してきました。

 
 
持ち物が減ってくるにつれて、収納用品が余ってきてしまったのもあり
 
カラーボックスや衣装ケース、古いアウトドア用品、シュレッダーなどなど、
大きいもので、フリマアプリなどで売りづらい、捨てるのにも困るものたちをメインに
必要とされる方の手元に格安でお渡ししてきました。
 

 

素敵な考え方と出会った

印象的だったのは、ニット素材のスノーボードケースを買っていった老婆様。
 
これは、何?と聞かれ、
 
もー絶対使わん人やから売れへんわ。とほぼ諦め姿勢からやりとりが始まったのですが、
 
ボードケースのニットを丁寧に撫でながら、
「ええ柄ですね。袖口に使えそう。」
 
。。。?
 
よく伺うと、そのおばさま洋裁をされるそうで、洋服の袖口に使えるそうなんです。おばさまにとっては、それがボードケースでも何でも関係なくて、ただ素材と柄を見つめていました。
 
しばらく話していた中で
印象的だった言葉は
 
自分に合うものは自分で作ります。だから私の持ち物は、全部お気に入り。
 
既製品に気に入ったモノを探すほうが、難しい。
 
 
ひとつの洋服もその時の自分にしっくりくる、サイズ、デザインにアレンジするそうです。
 
自分でつくり上げることができるからこそ、素材そのものを見る目があって、
必要か必要じゃないか判断している。
 
お気に入りを既製品からあれこれ探している自分が、急に陳腐に思えました。
 
 
 
そして、そういう持ち物に対する姿勢があれば買い物の仕方も変わってくるのだろうな。と。
 
裁縫は不得意すぎる私ですが、
自分で作る、デザインする。という事に憧れと興味がわきましたし、
モノを大切にする。お気に入りを増やす。ということの本質を見直したくなりました。
 
 
 
 

新しく、テントを買いました。

しかし、5月といえども炎天下で暑すぎました。
影がないと干からびそうです。
 
アウトドア用品も、使いにくいモノは入れ替え。昔から持ってたテントやイスを手放したので、代わりに新しくワンタッチテントを購入しました。
 
 
組み立てがとても簡単なワンタッチテント。色もカラフルなのがたくさんあって迷いましたが、
ピクニックをよくするので、芝生の緑に茶色が馴染むかな。と思って、ブラウンにしました。
 
大人2人いれば簡単に設営できたので便利でした!
太陽の動きで影が変わるので、付属のサイドシートを買い足そうと思います。
 

 

 

関連記事

 

広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告