すみれの壺

produced by 青野すみれ

謙遜は人間関係を心地よくしているか。

広告
「すごいですね」
「私なんてまだまだですよ」
というのは、よく聞くやりとり。
今日もそんな会話を目にした。
 
突出せず、自分を下げて周りと調和しておくのがベター。という古くからの日本特有の文化だと思います。
 
多分現代では、深く考えずにそういうやりとりが、日常化している場合が多い。
 

 

私は、そんな謙遜をするのがちょっとニガテで、褒められると素直に喜ぶことにしています。
「そんなことないですよ」という返答を予想していた人は、ちょっとエッてなってるのかもしれない。
 
 
たまに、会話の流れで謙遜を口にすることはあるけれど、
気持ちに違和感が残る。
 
f:id:aonosmile:20160604184347j:image
 

謙遜は相手の心まで潜り込む原因

明らかな謙遜をされると、だいたいは本当はどう思ってるのかな?と真意を汲み取るために、相手の言葉の階層から、心の階層まで入り込むことになる。
 
その心を探る習慣が、複雑化な人間関係を生み出し、心が疲れやすい環境を増やしていく。
そしてそういう環境からは離れていたい。と感じているから違和感があるんだと思う。
 
 
 

言葉で伝えたことが全てでいい。

相手の言葉を信じて、それより深く入りこまない。それが人間関係をシンプルにしていくと思う。
 
だから心を探る必要はない。
 
空気を読まない。なんて言われてしまうのかもしれないけれど、
周りに迷惑が掛かってないのなら、
空気なんて、読まないほうが平和にやっていける。
 
みんなの言葉がいつも絶対的な気持ちになれば、コミュニケーションは、もっとわかりやすく心地よくできる。
 
 

シンプルはシンプルを引き寄せる

いい気持ちも、わるい気持ちも変形させず、素直に言葉にする人の周りには、言葉を深読みせずシンプルに反応する人が自然と集まって、
やりとりも、わかりやすく、気持ちも疲れないコミュニティができる。
 
 
周りを変えたいなら、
まず自分から変わる
 
私が褒めた時、相手には謙遜せずに素直に喜んで欲しいから、
これからも、私は謙遜せずに思ったこと言葉にしていくんだと思う。
 
 
広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告