すみれの壺

produced by 青野すみれ

便利と思い込んでたけど、無くても大丈夫だった。

広告

ラップを(大)と(小)ずっと2種類使っていました。

その方が用途別に使い分けられて、便利で無駄がない。って思っていたからです。

 

(大)がなくなって、しばらく買わなかったんですが、無くても全然平気だと気づきました。

 

最初は「大は小を兼ねる」というから、

もしどちらかひとつにするなら(大)かな?とも思ったけど、(小)だけで十分だったのです。 

f:id:aonosmile:20160312203010j:image

 

大は小を兼ねない 

そもそも料理やごはんを、必要最小限食べる分しか作らない習慣になったので、

そんなに、必須ではない。

ごくたまに、大きさが足りない時もあったりするけど、(小)を2枚合わせればいいだけでした。

 

あらためて考えたら、ラップは余らせたものによく使うので、

そのラップを「小さく」使う習慣が、余分を生み出さない「足るを知る」の生活習慣につながる気がします。

 

 

ラップの代りに活躍するもの。

たまに帰りが遅い夫。食事が残った時などに、重宝しています。

 f:id:aonosmile:20160312202720j:image

 

使い終わったラップの使い道。

みうさんが記事で紹介していたこれ!

使い終わったラップはキッチン掃除で再利用。|ヨガとシンプルライフ

とくに汚れなかったラップがあれば、良くやります!

シンクの汚れなど綺麗になりますよ^^

 

 

無くても大丈夫なモノ。

でもあったら便利なモノ。それが、わかっていることが、私にとっての心地よい暮らしです。

 

 

ラップにまつわるお話

関連記事▶日々の小さな習慣が、私たちの当たり前になっていく

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告