読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

結婚願望ないなんて実はウソ。したくない理由を探してるだけ。

恋愛・結婚
広告

そんな自分も「願望ない」と言っていたクチです。

結婚生活に全く興味なく、
子どもにも興味なく、、
 
やりたいことがやりた時に自由にできるしいいやん?って。
必要な時だけ友だちがいれば淋しくないし、楽しいやん?
お互い60歳になって独身やったら一緒に住もう。とか皆んなで約束してた。
 
 
 
でも今になると、思うんですよね。
もしかしたら、できなさそうな自分の状況を肯定するために、
「願望がない」とか言って自分を正当化してラクになろうとしていたんじゃないか?って。
 

http://www.flickr.com/photos/78597264@N00/5923395535

 

結婚を頭でばっかり考えていた時期があった

いつの日か、気持ちより頭が先行して色んなことを考えてた。
こんな生活がしたい。
あんなところに住みたい。
 
誰かをいいな。と思っても、すぐその基準に当てはめて判断する。
1人でいる事と比較する。
そしてなんとなくあきらめて「願望ない」という言葉に結びつける。その方がラクだから。
 
年齢とともに、自分の理想や経験がどんどん増えていって、基準がアップグレードしていくんだから、
ハードルもどんどん高くなるのは当たり前だと思う。
 
 
自分好みの木にどんどん木登りして、木の上からの良い景色は楽しめるけど、そこに同じように登って来られる人としか、出会えなくなっていく。
そんな状況を肯定したかったのかも。
1人でもこの絶景があれば、いいや。って。
 
 

頭で考えず、本能に従えば状況は変わる?

そもそも、人は動物と同じ。群れたり、誰かといたりして、伴侶を見つけて、子孫繁栄するようにインプットされている生き物だと思う。
 
願望ないなんて、生物学的に絶対ない。
 
 
私の場合も、ふと頭であれこれ考えなくなったとたん突如結婚することになった。
 
 
木登りはするけど、上手に降りられるようになった。
今は登り方も教えるのも楽しいし、
相手が登りたくなければ、無理一緒に楽しもうとしない。
木から降りたあと、たくさん見た綺麗な景色をいつも同じ人に伝えられることが幸せだから。
 
 

「結婚」という形式に囚われなくてもいい。

事実婚やパートナー結婚…色んな形があって自然だと思う。
でも「1人でいい」は本当は違うと思う。
 
きっとそんなふうに言ってるだけだと思う。
それに気づかないふりをして強がりしてる。私はそうだった。
 
もうなるようになればいいや。って何も考えなくなったら、案外簡単シンプルに決まるもんだな。と。
 
あんなに興味なかったのに、結婚するなんてね。
今も興味ないです。w
でも楽しいし、面白いです。
 
 
結婚願望ない人なんていない。
実はしたくない理由を探してるだけなんじゃないの?
そんな風に思った。
 
 

 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告