読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

記念日の過ごし方もミニマルにしてみる

ミニマリスト 恋愛・結婚 シンプル思考
広告

少し前に、結婚記念日がありました。

 
平日に2人とも休みだったので、こんなの何年ぶりだろう。せっかくだからホテルのランチでもして…。なんてあれこれプランを探していましたが
何だかピンと来ない。
 
 
。。。
無くてもいい気がして
やめました。
 

 

せっかくの記念日。という考えをやめてみた。

以前は、2人の記念日というと特別に何かイベントにするのがよい記念日になる気がして、あれこれ出かけたりしてた。
 
でも、拘らないことにした。
何もしないで、家に居てみよう。
そしたら意外にいい記念日になりました。
 
 
娘が保育園に行き、
ホッと一息、2人きりで予定なく過ごす。
お父さん、お母さんの立場じゃない会話。2人だけの空間が新鮮で、とてもリフレッシュできました。
 
場所はいつもと同じだけど
流れる時間は違っていて、
あれこれプランを立てて、お出かけするよりも心穏やかに、でもとても新鮮な気持ちで過ごせたんじゃないかと思う。
 

 

 

何をするかより、何を思うか。

空はいつでも誰の上にもあって、
それを見上げて、
何を思うのかは、その人次第。
 
 
記念日はふたりにとって大切な日だけれど、何をするかではなく
その日に何を思うか。が大切。
 
今回はどこにも行かない何もしない方が、心豊かに祝えた気がします。
 
 
 
ま、何もしないばかりじゃつまんないから、正直たまには何かしたいけどね。
でもそれも記念日にこだわらなくて、いいかな。頭で考えず、心に従って過ごしたいです。
 
f:id:aonosmile:20160405163733j:image
 
ちょうど今読んでいる、松浦弥太郎さんの「しあわせを生む小さな種」
にこんな一節がありました。
しあわせを手に入れるとは、世界一美しい、伝説のバラの花を手に入れるような夢物語ではありません。自分で育てた小さい花を、ひとつひとつ束ねていくことではないでしょうか。
 
ほんとうにその通り。
日常の小さな出来事に向き合い「束ねる」
そうすることで、はじめて自分らしい幸せを感じることができるんだと思います。
 
 
 
 

 関連記事

 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告