すみれの壺

produced by 青野すみれ

ラフティングをしに【徳島県吉野川】に行ってきました!

広告

徳島県吉野川へ、ラフティングに行ってきました。

1泊2日で友人たちとの年に一度のお楽しみ。
大阪から車で約4時間。早朝出発し、
1日目にラフティング→2日目は瀬戸大橋を渡り岡山観光になりました。
 
 
お世話になったのは
f:id:aonosmile:20150714124715j:image

 

大歩危を下る1日コース

今回もめちゃめちゃ楽しませていただきました。
参加したのは【1日コース】
大歩危のコースを
午前中は4キロ、ランチタイム後に10キロを下ります。
天候や季節によっては、さらに下流にある小歩危コースの時もあるらしく、
私は今まで、大歩危コースしか経験したことがないですが、友人やガイドさん曰く、小歩危コースの方が複雑でハードに楽しめるみたいです。
 
今回はラフティングに興味のある方へ
私なりのラフティングを楽しむ秘訣をご紹介します。

 

ラフティングを楽しむポイントは…

1.自然と一体になる。

ラフティングは自然を感じながら楽しめるスポーツのひとつ。
川の流れを感じ、激流に立ち向かう時は激しく漕いで必死になったり、穏やかな時は漕ぐのをやめてのんびり寝転んだりして自然を感じ、合わせながら自分も楽しみます。

2.ルールはしっかり守る。

もちろん自然相手なので危険はつきもの。だけどガイドさんの言ってる事をしっかり理解してルールさえきちんと守れれば大丈夫。わからないことがあればしっかり質問してクリアにしておきます。
迷いや不安があると、判断が遅れて危険度が増してしまいます。

3.自分で考える。判断する。

川に落ちた時や、岩にぶつかりそうになるとき、メンバーの誰かが落ちた時など、どうすればいち早く助かるか?みたいなサバイバル的な部分を瞬時に考えて行動し、達成するのが楽しいです。
体力は使うけど、達成したあとは心地よい爽快感があります。

4.仲間との助け合い。信頼。

ボートには人数調整のため
友人以外のメンバーが乗ることも。
だけど例え初対面の相手でも、オールを漕ぐときの掛け声や激流を突破したあとの賞賛を分かち合うことで一体感が生まれます。
誰かが落ちたら引き上げる。流されたらボートを漕いで助けに行く。などするうち、コースを終える頃にはボートメンバーの信頼関係が高まります。

5.川へ落ちる事を楽しむ!

怖がらず、消極的にならず、アグレッシブに落ちる事さえも楽しむ!
落ちてもボートの皆んなが助けてくれる事を信じて!
でも川の流れは油断は禁物。無理に突き落としたり、わざと飛び込んだりはやめておきましょう。
落ちるときも、ナチュラルに。笑
 
 
個人的には作夏に比べると、この一年でメイクをとことん減らし殆どしなくても大丈夫な顔になった為、化粧崩れを気にすることもなく楽しめた事が大きかったです。
わざわざウォータープルーフのアイライナーとかも買うこともなく、素っぴんでラフティングしている自分に自信をもてたし、
遊びに「集中」できたことで真剣に楽しむことができました。
 
これこそが、減らすことで得られた楽しみ(豊かさ)のひとつの様な気がします。
ご興味でた方は、ぜひラフティング体験してみてください^ ^
 
 
 

帰り道に寄った瀬戸大橋

2日目に岡山県観光に行ったので瀬戸大橋を渡り移動。お土産は瀬戸大橋の途中、与島パーキングエリアで買いました。
 
家族へのお土産もやっぱり消えものをチョイスしてしまいますね。
旅行中、娘の世話をしてくれたお父さんには、大好きな麺類。
「オリーブ冷麺」は私が気になって思わず買ってしまいました^^;

 

f:id:aonosmile:20150713075613j:image
 
娘(もうすぐ4歳)にはご当地キティのシール。
前回高知県をあげたら大好評だったので
今回は岡山編。
f:id:aonosmile:20150713075749j:image
予想どおりの大喜び。
岡山の「桃」がピンクブームの娘のツボにハマった様で、早速昨晩はこちらのシールを枕元に置いて寝ておりました。
シールは荷物もかさばらないし、消えモノなのでミニマリスト目線でみてもなかなか使いやすいお土産。
 
f:id:aonosmile:20150713081613j:image
関西に長く住んでいますが、今回以外に瀬戸大橋をはじめて渡りました!
片道10キロの瀬戸大橋。
ちょうどその四国と中国地方の真ん中あたりにパーキングエリアがあり、
眺めもとても良かったです。
f:id:aonosmile:20150713074542j:image
天気がもう少し良かったら最高でしたね。
 
さぁ、今日からまた仕事頑張りますー( ̄▽ ̄)

 

広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告