すみれの壺

produced by 青野すみれ

言わないと決めたこと

f:id:aonosmile:20170227103120j:image

朝、ただひとつ娘に言わなと決めたこと。

「時間ないから、早くして」

 

子育てしていると、この言葉を言いたくなるシーンには、たくさん遭遇します。

でも、よく思うことは、

 

時間がないのは誰の選択なのか?

 

ということ。

 

 

再び、仕事をするようになって、朝が少し慌しくなった。もちろん娘にもいつもより早く起きてもらい、限られた時間で支度してもらわないといけない。

でもそれは、わたしが働こうと選択したから起きている状況で、娘からすれば少し迷惑な話。

子供にはたくさん時間があるし、お母さんに働きに行ってほしいとも思ってない。

「時間ないのは、ボク(ワタシ)のせいちゃうし」って思ってると思う。

 

そう考えると、

「時間ないから、早くして」と

言葉を投げつけるのは、違うよな。と気持ちを整理できる。

 

 

 

お父さん、お母さんが働くことに対して、じつは本音が現るところかもしれない。

have to なのかwant かで変わるかもしれない。

働かなあかん...急がなあかん。。もう時間ないねん!と「せなあかん」という気持ちが先行していると、やっぱり

イライラして、言ってしまう。

 

夫は、まだそういう気持ちがあるのか、ただ単に口グセなのか、「時間ないから、早くしろ」とよく言ってます。

 

 

わたしは、去年1年のんびり過ごした時間があって、それがあるから、

自分たちには、ほんとうは時間はたっぷりあって、いま急がなきゃいけないのは、自分が選択しているからなんだ。って考えるようになった。

 

だから急がなきゃいけない状況であっても、人のせいにせず、まずは自分で準備したりコントロールできるように考えていくのが筋。

自分の選択したことに、責任をもって取り組むってそういうこと。

 

その中で、娘には「協力してね」って前向きな姿勢の発言を増やしていけたら。と思うところです

 

冒頭の写真は、夫の誕生日ケーキ

最近はショートケーキにロウソク1本が定番になりつつあります。そのうち餃子にロウソクになるかもしれません。笑

 

広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告