読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

古くても愛着の湧くものを長く使う

広告
 
古着屋さんで買ってから10年くらい
重宝しているカバンです。たぶん1,000円もしなかったと思います。
 

f:id:aonosmile:20150515202703j:image

昔に作られたモノってどうしてこんなに
しっかりした生地とつくりのモノが多いんだろう。といつも感動してしまいます。

 

私が古着屋さんやリサイクルショップに足を運ぶのをやめられないのは
そういうモノとの出会いがあるから。
 
それでも、行くと安いので気になるものをすぐ買ってしまい、ついついモノが増えてしまう。そういう時期もありました。
 
だけど近頃は
いくら安くても、
いくら好きなデザインでも、
あ、これあの服に合いそう!と思っても、絶対に長く使えそうなモノしか買いません。
 
そうなるまでには
時間がとてもかかりました。
買っては手放し、買っては手放しするうち、手元に残るモノの特徴に
自分が気づくまで随分長かった。
 

長く愛用しているカバンの特徴

f:id:aonosmile:20150516065727j:image
 
  • 手提げ、クラッチの2way使える
  • 普段のお出かけにも、パーティーやドレスアップした時用に使える。
  • 普段のカジュアルコーディネートでもこれを持つことでちょっとドレスアップした感じになる!←出番が多くなるポイント
  • デザインがかぶらない←愛着がわくポイント
  • 生地、縫製がとてもしっかりしている。←これが長く使える物理的な1番の理由です。いくら気に入っても使い込んでボロボロになれば寿命は短い

 

f:id:aonosmile:20150516072014j:image

少なくても豊かなおしゃれとは

同じ1,000円でも、ファストファッションでひとつ買うよりは
こうして永く使える古き良き愛着の湧くモノを買いたい。
 
長く気に入って使えるということ=モノが増えにくいということ
 
 
そして、ただとことん少ない、すっきりしているだけでは面白くない。
 
アイテムを減らしても
そういう価値に囲まれる
豊かなおしゃれがしたい。
 
そう思います。
 
 
読んでくださった方のモノ選びの参考になれば幸いです。
 
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告