読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

ミニマリストであることは目的ではなく手段

広告
f:id:aonosmile:20150403080854j:plain

ミニマリストは、時に逃げ道であり、人生を楽しむ手段のひとつであり、それは選ぶ人それぞれ。

 

いつも読ませて頂いているメグさんid:megmakou2014の記事でid:syadmiさんの投げかけ記事に対する答えの記事▽両方の記事を読んで
私が感じた事です。

 

ミニマリストであることは目的ではなく手段

自分の環境があってあとからミニマリストという生き方がついて来るのではなく、ミニマリストとして生きた先に何かがある。
そしてそれはいつも誰でも選ぶことができると思います。
 
もちろん、節約のためでもいいし、会社を辞めて生活するための手段にしてもいい。でもそうしてミニマルライフを送る中で、必ず違う発見がある。と私自身は確信しています。
 
私自身はミニマリストだけれど節約してないし、どちらかというと「節約!」という意識をあえて持たないようにしているんです。これも自分なりの思考の断捨離です。
現在の私は一定の収入はあり、
仕事と家事やブログに自分の思考を使っていたいのと、それに対する時間をできるだけ捻出したいから。
 
節約を考えすぎると生活が縛られてしまう。
もちろん節約という概念は好きですし、
低コストで生活を送れるに越したことはないとも思っています。
現にムダなモノは買わないので根本的に低コストにはなっています。
 
ただ私は節約目的の選択ではない。というだけです。
 
 

減らした先に何かを見つけていく

ミニマルライフに興味がある方、
を実践してみている方、色々いらっしゃるとは思いますが
キッカケは「家を片付けたい」「節約できそう」単純にそれで良いと思います。
だけどミニマルライフを送ればさらに
自分の中に新たな発見が見つかるはず。それを見つけて自分のライフスタイルにしていく人が増えてほしい。
そんな風に感じています。
 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告