すみれの壺

produced by 青野すみれ

シンプルだけど心のこもった返事をするために

広告
 
普段の会話、シンプルだけど気持ちのこもったフレーズを咄嗟に返せるようになりたいな。と思います。
今日は最近そんなふうに思い、年上の方々の会話を観察していて、
あ、いいな。使いたいな。
と思ったフレーズをピックアップしてみました。

http://www.flickr.com/photos/9983241@N08/2120908716

心のこもったシンプルなやりとり

・ありがとうございました。

何かといたらずでしたね。

職場で何気なく、お世話になった方に挨拶されている方がいらっしゃって
その時に返していた言葉が印象的でした。
私だったら「いえいえ、こちらこそ」と
返して終わりそう。普通すぎる…
 

 

・ごめんなさい。

誰でもよくあることですよ。

これは、自分が言われたんですが
やっぱり言われると気持ちがラクになる。というか、素直に「そうだな」
と前向きになれるひと言でした。
 
 

・大丈夫ですか?

すこぶる元気です。

体調を崩していた方が復活してきたときに、使ってらっしゃいました。
自分は非常に元気です。という状態を伝えたいけど、私なら「めっちゃ元気です」か「超元気です」くらいしか、表現が見つからなくて、それはさすがにラフすぎるから普通に「元気です。」と答えて終わってしまいそう…なるほど!
 
 
 

・ごちそうさまでした。

宜しゅうおあがり。

食堂のおばちゃんが言ってました。
あ、娘にもこう返せばいいのか。と発見。よく使うのは「はい、よく出来ました」って言ってたんですけど、ずっとは使えないし相手が子供限定ですもんね。
 
 

まとめ

興味をもって観察してみると、たくさんの素敵な日本語の使い方がたくさんあります。
普段から気になったのをチェックしてどんどん使っていくことで、咄嗟に返せる言葉の数を増やしていけますね。
 
相手を気遣ってごちゃごちゃ話しかけるより、サラッとシンプルにひと言。
コミュニケーションはできるだけシンプルにしていたい私。
そんなフレーズを増やしていきたいと思います。
 
 
皆さんもぜひ観察して素敵な返しをストックしてみてください^ ^
それでは、ごきげんよう( ´ ▽ ` )ノ
 

 

関連記事

 
広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告