読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

コンパクトライフへの憧れ、理想の「量」と「形」を設定する

広告
車の運転が好きです。
 
ドライブが好き。というよりは、
自分で運転して目的地まで辿り着く過程が好きです。
 
地図を開けて、
時には当てもなく、
 
早く着くようにラクに着くように工夫したり、
何も考えずに気ままに、のんびり。
 

f:id:aonosmile:20150928075022j:image

用がなくても、車でどこかに出かけたくなる。
この前運転しながらふと思いました。
 
車は手放さないだろうな。って。
 

コンパクトに暮らしたい

極端な表現ですが、「家」はなくても、「車」は欲しいな。と、考えました。
その時に、自分の家族の持ち物の量の目安というか、何か目標の様なものが見えた気がしました。
 
ひとり暮らしじゃないし、家族3人生活する持ち物が色々ある。リュックひとつじゃ無理があるし、そこまで減らそうなんて思ってない。
まだまだコンパクトにしたいけど、
目標が定まらないから、最近は
「減らす」への意識が漠然としていました。
 

 

車に積んで移動できる量の荷物

それが、ひとつの理想。
理想であって実現はなかなか難しいのかもしれないけれど、
今後モノを選ぶとき、手放すときの目安になる。かな。
理想の量やボリュームがないと、
モノを選んでいく基準がブレてまた結局
手放すモノを増やしてしまうことになりかねない。
 
皆さんもモノを減らすとき
理想の形、量、思い描いてますか?
理想を設定してみることで、
新たな「行動」に繋がるキッカケになるかもしれません。
 
 

 

関連記事

 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告