読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

自分を自由にする方法。変化を受けいれるシンプルな考え方とは。

広告

先日ある方と

人はなぜ変化を怖れてしまうんだろう。
 
というようなお話になりました。
 
職場でぶつかり合いがあり、一気に人が辞めてしまい大変苦労した。
との話からでした。
 
f:id:aonosmile:20151207081333j:image

 

 
 

変わる事への「怖れ」が人と人がぶつかり合い別れの最大の原因になる

 
では、なぜ怖れているのか。
それは、過去やこれまでの自己否定感から生まれる自己防衛かも。
 
これまで頑張ってきた。
努力してきたけど、報われなかった。
認めてもらえなかった。。。
 
そうした心のささくれが重なり重なり
硬くなり、トゲトゲになり、
自分の心を知らず知らずに守っている。
 
そんな風に思います。
私にもそんなトゲトゲな時期がありました。
 
 
 

自分が自分を守るのをやめてみる

 
変わろう。と思うのはなかなか難しい。
 
でも
自分だけでなく、何事も変わるもんなんだ。と受けいれてみたら
 
意外と簡単に自分も変われるものでした。
 

 

 
自然のあらゆる変化には   かぎりない面白さがある  それを楽しめる人は自分自身の変化も面白がる
どんな苦境も  変化のひとつと受けいれて  そこにいる
 

すべての「変わる」を「面白い」と捉えられたら、無敵になれる

「変わらない」何かを探しているときこそ、変化を楽しむ姿勢を忘れない方がいい。難しいけど。
 
 
教会や神前で  ふたりの愛はいつまでも変わらない と誓いあうのは 大嘘さ    愛はいずれにしても形を変える  でも、いいじゃないか   その時はそう思ったけれど  いまはこう変わったんだ、と言えばいいんだ        何の後ろめたさもなしにね

 

 「今はこう変わったんだ」と言えばいい。という考えが今は好き。

自分で納得し、説明できれば「変化」することは、とても自由なことだなぁ。と思うのです。
 
 
 
 
 
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告