すみれの壺

produced by 青野すみれ

自分に厳しく相手にも厳しい人への対処法

広告
自分を許さない。そしたら
相手のミスもゆるせなくなる。
 
いつもいつも頑張って、完璧を目指している人ほど自分のミスも相手のミスも許せなくなっている。見ていて感じる人がいます。
 
完璧を求めていて誰も完璧になんてなれないのに、
それでも自分だけは完璧にできている。と勘違いして(信じて)いる人。
そういう人は

自分を許せてない人です。

 

いませんか?そういう人がまわりに。

そういう人ほど、周りのミスに対しての責め具合は凄まじいですよね。
 
謝って済めばいいんだけど、
「すみません、気をつけます」だけでは納得していただけず、
どんどん火に油注いでる感じになる。

 

http://www.flickr.com/photos/47125846@N08/11004305306

 

完璧を認めてあげる

そういう時の対策は
「そうですよね、いつも⚫︎⚫︎さんはきちんとやってくださってますもんね。」
やんわりその人の完璧を認めてあげる。
あなたのそういうとこ、完璧ではないよ。と心の中で思いつつ…)
相手に「あなたが頑張ってくれているのに、私がミスしてしまい迷惑かけて申し訳ありません」
いう気持ちが伝われば納得してもらえると思います。
 
要するに
「あなたの完璧を私が壊してしまうことになってごめんなさい。」っていう事ですね。
そういう人たちは、自分だけでなく

自分を含めた周り全体の完璧も求めていて、

勝手に私たちの行動も支配しようとしてくるんです。
 
 
だからそういうひとが、怒っていたら
あなたはちゃんとできてますよ
ってまず許してあげる。
 
もしあなたが自分を許せていたら
それをするのは簡単な事だと思います。
 

 

●加筆●

完璧をめざしていくことは、いいこと。

でもそのストレスで周りを許せなくなるのは、

人間関係を複雑にしてしまう要因になるんだと思う。

 

 

関連記事

怒りをコントロールして人間関係の遠回りをなくす

 

広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告