すみれの壺

produced by 青野すみれ

アイロン台をリメイクしてインテリアに。

広告
昭和な感じの柄が何とも言えない我が家のアイロン台。
 

f:id:aonosmile:20160130200254j:image

 
実家を出る時に、母が2つあるからひとつ持ってく?と渡してくれたやつ。
この度、そんなアイロン台をリメイクしました。
 
じゃん。
アイロン台のリメイク

 

リメイクのきっかけ

今までそんなに頻繁にアイロンすることはなかったので、使う時に台を出してきて、足を開いて…と毎回やっていたのですが、最近になって私が現在制服化しているスカートや家族の服もアイロンを掛けるアイテムが増えたので、毎回出し入れするこの繰り返し作業が面倒というか、無駄に思えてきたのです。
 
そこで、お気に入りの布でリメイクして、出したままにする作戦にすることにしました。
モノを減らして部屋にもスペースがあるので、その方が合理的です!
 
 
 

作り方

思い立ったら、早速実践です。

参考にしたのは、愛読しているkeiさんノブログ。
裁縫は大の苦手なのですが、ちょっと頑張りました。
 

●型取り。

f:id:aonosmile:20160130201608j:image
チャコペン?がないから、娘のクーピーを拝借して目立たない色をチョイスして型取りました
 
 

●縁を縫ってゴムを入れる

f:id:aonosmile:20160130201903j:image
運針っていうんだっけ。何年ぶりだろう。苦手さが前面にでて、最後には縫い目がかなり粗くなりました^^;
ゴムは髪ゴム用に家にあった黒い細いやつを使用。
 
 

●ゴムを通して被せれば終わり。

f:id:aonosmile:20160130202213j:image
裏から見るとこんな感じに。
念の為、しばらく運用するまで様子見で、以前のカバーの上から付けました。(自分の縫い方にかなり不安があるのです。。)
 
 

●できあがり。

アイロン台のリメイク
 
こんな感じで机の下に出したまま。
インテリア感覚で、ちょっとサーフボードっぽくて可愛くない?って思ってます^ ^
 
少し面倒なアイロン掛けも、お気に入りの台と準備の作業がひと手間減った事で取りかかりやすくなりました。
好きな柄をいつも眺めていられるのも一石二鳥です!
裁縫が得意でない私にもできたので、よかった^^
 
keiさんありがとうございました。
 

 

関連記事

余った布でハタキを作ったよ!

広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告