読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

【レシピ】苦くないゴーヤの炒め物

食-レシピ
広告
 

夏にゴーヤが食べたい。

でも苦いのはイヤだ!というあなたへ。

 
ゴーヤは「にがうり」というくらいだから苦味が特徴。
その苦さゆえ、敬遠してる人も多いかもしれません。
我が家は、私も夫もクセのある野菜が元々好きなので少々の苦味は平気で、
よくお浸しや、ゴーヤチャンプルを作って食べていました。
 
ただ、子どもは苦味には敏感!
一度作ってみたけど苦くて食べてくれませんでした。
という事があって、食卓から遠ざかっていた「ゴーヤ」。
もう一度色々調べ直して作ってみました。
 

 

苦くないゴーヤのおかか炒め

f:id:aonosmile:20150808060600j:image

【材料】

  • ゴーヤ  1本
  • 卵         3個(塩少々)
  • おかか(削り粉を使用)好きなだけ
  • 醤油     大さじ1
  • 塩、砂糖(下ごしらえ用)
 

苦味の少ないゴーヤ選び

f:id:aonosmile:20150808062549j:image
濃い緑色の方が栄養たっぷり、美味しそうなのでよく選んでいました。
(それはそれで正解。)
ただ、それよりも緑色が薄くて、さらに表面のブツブツが柔らかめの物を選んだ方が苦味は少ない。と八百屋さんの方にアドバイスをもらいました。
なるほど〜。
苦味の栄養素をとるか、
食べやすさをとるか。
という事ですね。
 
買う時に参考にして、緑が薄めのものにしました。
 
 

ワタは苦味と関係ない?

f:id:aonosmile:20150808064652j:image
今までずっとワタの白い部分が
苦味だと思っていましたが、
違うようです。
ワタの部分はサッと取り除くだけで良さそうです^ ^
包丁で切り目を入れて、先の尖り気味のスプーンを使ってくり抜くとやりやすいです。
 
 

下ごしらえは塩+砂糖?!

f:id:aonosmile:20150808065023j:image
いつもより少し薄めにカット(2ミリ位)
今まで塩だけで塩もみしてたんですが、
塩+砂糖を揉み込んで下ごしらえすると苦味が減るとの情報が。
ということで
塩、小1/2
砂糖、小1  を揉み込みしばらく置き、
水気が出てきたらサッと水にさらして
絞りました。
(下茹ですればさらに苦味対策できそうです)
 
こちらのサイトがとても分かりやすかったので、参考にさせていただきました
 
 

準備が出来きたらあとは炒めるだけ

卵を炒めたら、下ごしらえしたゴーヤを加えてさらに炒めて調味料を加え混ぜ合わせれば出来上がりです。簡単!
 
 

子どもも食べられました。

下ごしらえを工夫することで苦味はいつもより少なくなりました。
子供もちょっと食べれました!
ただ程よい苦味が夏の食欲をそそるので、苦味が好みの方はある程度気にせずゴーヤの風味を生かして食した方が良さそうだな〜。というのが感想。
 
今回は卵とおかか炒めでしたが、
豆腐や豚肉を加えてゴーヤチャンプルにしてもいいですね。
私は夏は豆腐は冷奴で食べるのが好きなので、別にして食べる事が多いです。
お腹に入ってしまえば同じだろう!
という、ズボラで大雑把な考えで^^;
 
あなたも、自分好みのゴーヤの食べ方を見つけて夏の食事を楽しんでください。
 
 
関連記事
 
 
 
 
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告