すみれの壺

青野すみれのブログ

電子レンジなしの生活も大丈夫!せいろの活用法を紹介します。

我が家には結婚したときに買った小さな電子レンジがありますが、ほとんど使うことが無くなりました。

 

今は本当に緊急時に使うくらい。

おかずは食べきる分だけしか作らないのと、「温かい食事食べる」というこだわりもやめています。

作りたてだと温かいし、時間が経てば冷めてる。そういうもん。それが自然です。

 

お肉類やどうしても余ったご飯は冷凍しますが、お肉は自然解凍、ご飯の解凍は電子レンジの代わりに「せいろ」が活躍しています。

 

 

せいろとの出会い

約10年前にとつぜん中国人と結婚した私に、オモシロ半分で友人が中華街に行ったときに買ってきてくれたモノ。

当時は完全に「ネタ」として我が家に存在していて、たまに豚まんやシュウマイを蒸すくらい。

単純にせいろにはそんなイメージしか持ってなかったから、そういう使い道しかできなかっただけなんだけど。

 

そして数年後、娘が生まれ徐々に持ち物を減らしたい欲と、身体のことを考えることが増えてきたときに「電子レンジあんまり使いたくないな」という考えが湧いてきて

ふと私にせいろ生活の神が降りてきたというワケです。笑

 

せいろの使い方&活用法

  • 蒸す
  • 温める
  • 解凍する
  • スープを作る
  • お皿代わりにも

 

「冷凍ご飯の解凍」

f:id:aonosmile:20160727062934j:image

予め、ちょうどせいろにハマる大きさのタッパ容器を使ってご飯を冷凍しています。容器が深いとせいろの蓋が閉まらずきちんと蒸せないので、浅めの容器が◎

だいたい5〜6分火にかけ、あとは余熱で。いう感じです。

 

「残り物を温める」

f:id:aonosmile:20160727062938j:image

おかずのちょっとした残りを温め。

ちょうど2段あるのでパワーの強い下は解凍、上段は温めに使うと便利。

 

「スープを作る」

f:id:aonosmile:20160727062945j:image

解凍、温めが終わったころせいろ部分を外して(余熱で解凍)

1番下の沸騰したお湯でお味噌汁を作ったります。

 

「そのまま食卓へも置ける」

f:id:aonosmile:20160727070020j:image

 

相変わらず小食を続けていますが、たまにお腹がすいてひとりお昼ごはんを食べるときがあります。そんなときは大体こんな感じ。

 

せいろの中の食器や容器が熱くなりすぎているため、そのまま食卓に置いて食べてしまうことが多いです。

本当はご飯くらい、お茶碗に移しましょう。と自分にツッコミたいくらいですが、ひとりで食べるときはこれ位でちょうどいいくらい。

 

f:id:aonosmile:20160727064352j:image

使ったあとは、すぐにしまわず乾燥させておきます。台所に吊るしてもなんだか味があって可愛いヤツ。

 

我が家のせいろは直径約15センチとちょっと小ぶりですが、家族全員分を温めたり…となるともう少し大きめが必要かも。。

大きさは皆さんの生活スタイルにあわせて試してみてください。

 

うちと同じくらいのサイズのものはこちら↓

 

 

 

せいろの 関連記事

 

広告

▶HOME[記事一覧]

プロフィール メッセージ・お問い合せ TwitterInstagramfeedly
「すみれの壺」はGoogleAdSense・Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトを導入させていただいております