読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

自由になってもダラダラしてたら意味がない

広告

 f:id:aonosmile:20160717193629j:image

仕事をやめて、家に居る時間が増えてから時間のメリハリのつけ方、自分の保ち方について迷いながら生活してきた半年だった気がします。

そんな私が感じること。

 

自由になることと、時間に甘えることは違う。

せっかく時間に追われなくなったんだから、もっと自由に。自分を解放させたいー!これまでの反動からそういう気持ちが強くあったんですね。

  • 急がなくていいことは、後回しでいいやん。
  • 自由なんだから、好きな時間に寝て起きたらいいし。。
  • ずっと家に居るから、髪もメイクもせんでいいや。。。

 

そんな風に思えば思うほど、

時間に甘えることが増えて、自由なのではなく、ダラダラした自分になってしまうことが多かった。

 

 

ダラダラを減らして、のんびりを増やすために意識すること

 

時間は追う。

  • 後回しでもいいけど、今やっておく。
  • ゆっくりしていいけど、何時までにやろう。

余裕があっても、時間に追われないで時間を追うことを意識する。

決して駆け足ではなく。

 

生活リズムを整える。

例え自由であっても、同じ時間に決まったことをすることは大切。単純なことだけど、寝る時間、起きる時間、トイレ、水分補給、食事…

時間に追われないからこそ、時計を意識して生活していくことが、いかに身体も心も健やかにしてくれることか。と身に沁みました。

 

自分を整える。

家にいても、誰とも会わない日でも自分を整える。

  • 部屋着で過ごさない。
  • 最低限のメイクや髪も整える。

 

そうやって自分を整えることで、家の中でもピンとしたメリハリある過ごし方ができる。どうでもいい格好はどうでもいい時間を増やします

おしゃれする必要はないけれど、家に1人であっても「自分に会う」という感覚で整えていくことは、続けていこうと思うこと。

 

 

自由は自己管理の先にある。

どれも当たり前のことばかりのようだけど、ハッキリ意識するまで結構時間がかかったなー。と思います。

振り返ると、これまで社会人になってからずーっと、自分だけで管理するんじゃなくて誰かの存在に、ある程度管理された日々だったんですよね。

 

自由になったはずなのに、なぜか時間に追われたり、充実感がなかったりする日がある。

理由は自分管理がおろそかになるからでした。

 

管理していくことで、ダラダラが減り「のんびり」が増える。そしてその「のんびり」が増えて初めて自分の満足する時間に繋がっていく。

 

これまでは、モノや動線を意識して時間管理することが多かったけど、これからは自分を上手にコントロールして、ミニマルライフを満喫していきたい。そう思います。

 

写真は猫カフェで出会ったなんとも気持ちよさそうな猫ちゃん。

猫をみてると、自分もこんなふうにのんびりしていたい。ついついそう思ってしまいますね。

 

時間管理にまつわる記事

 


ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告