読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

コンパクトライフに向けて工夫できること

持ち物(お気に入り) 身軽になる 暮らし 少ないもので暮らす
広告

家族としての荷物をできるだけコンパクトにしたい。家の中から大きいものを手放すたびにそう感じてきました。

 

近い将来に引っ越しが決まっていたり、住みたい場所へ移住が決まっていたりする訳ではないけれど、

だからこそ普段から持ち物をよりコンパクトに心がけて、思い立ったらすぐ移動できる身軽さでありたい。そう思います。

  • 増やさなくても可能な方法を、まずは考えてみる。
  • 増やす時はできるだけコンパクトに収納できるものにする。
  • 多用途に使えるものを選ぶ

など、意識している持ち物への考え方を紹介します。

 

用途を決めつけずどんどん流用して使う

 サーモスのマグカップ

例えば・・・

●サーモースの保温マグカップ

ピクニックやキャンプにでかけたり外でごはんをよく食べるのですが

このマグは自宅でも毎日使っていて、外に出かけるときも、もちろん持っていきます。

 

「これはアウトドア用」「これは自宅用」などと用途を決めつけてしまうことはよくあります。

それをしないで、たまにしか使わないものほど普段にも使えることは無いか。

と柔軟に考えてみることで、使わない間しまっておくスペースや、増えすぎて持ち物が管理できないことを防ぐことができます。

 

そして、使ってみると案外便利な発見もあります。

サーモスのマグは、冬は飲み物が冷めにくく、夏の冷たい飲み物は水滴がつかないのでデスクの上が汚れず重宝しました。

 

https://www.instagram.com/p/_NkxWwgrFy/

朝から贅沢にホットkeiキいただいてます。オーストラリアに思いを馳せながら…。keiさんありがとうございます♡#あさごはん#ホットケーキ(Instagram)

 

 

●寝袋(シュラフ)

これもアウトドア用ですが、ものすごく寒い日などには、毛布を増やしたり、暖房をつけたりはせず寝袋を、足して活用していますので、仕舞い込まずすぐ出せるところに入れてあります。(ジッパーを開くと1枚になる封筒型を使っています)

 

他にも、クーラーボックスは車に積んで食品の買い物の補助に。などなど...

 

大きな納屋や倉庫があるお家なら別ですが、我が家は団地暮らし。収納場所のやりくりや直す手間などを考えれば、流用させてどんどん使っていく方が、便利だし好きなモノを使えるのは楽しいです。

 

 

 

多用途に使っていけるものを増やしていく。

現在検討中のもの。

 

気軽に持ち出せる低いピクニックテーブルが欲しかったのと、我が家のテレビ台がホコリが溜まりやすく、傷だらけになってきたのです。

そこで、これを買って普段はテレビ台にして、使うときは持ちだせばいいかも?とか。(テレビは家族がいるそうなので。。)

 

 

単純にこの色が好きなんですが、BBQなどで紙皿を使っていますが、在庫がなくなれば、このお皿を買ってアウトドア兼自宅でも活用したい。

 

そんなことを考えながら、コンパクトライフを目指した物欲をコントロール中。。

モノのボリュームは増やさず、楽しみを増やしながら今年も1年過ごしていきたいです。

 

 

コンパクトライフ関連記事

 

 

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告