すみれの壺

produced by 青野すみれ

ベランダ菜園のベビーリーフを収穫して感じた価値のあるお金の遣い方

広告
 

f:id:aonosmile:20150530030632j:image

 
先日GWに植えたベビーリーフを収穫しサラダにしました。
種を蒔いてから一か月ほどで気軽に楽しめるなんて、いいですよね。
ドレッシングも手作りで美味しくいただきました。
 

手作りすれば冷蔵庫の中の見た目ごちゃごちゃと、使いかけを管理する頭の中のごちゃごちゃを両方無くせます!↓↓

 

 

 
f:id:aonosmile:20150531211104j:image
↑収穫したあとの状態。
これ、この後また生えてくるのでしょうか??
 
f:id:aonosmile:20150531210848j:image
↑バジルも順調に芽を出しました。
 
f:id:aonosmile:20150531210909j:image
↑ミニトマト(今年は黄色)
も身をつけました。
今年は春から暑い日が続いたので心配しましたが実りました。
今年も目指せ100個!!
 
 

モノの価値、お金の遣い方への意識が生まれる

小さくても植物を育てると
毎日の小さな喜びが感じられていいな。と思います。
 
自分たちが
育てたものを、食べる。
作ったものを、使う。
ということは
 
普段何気なく買っているものも
誰かが育てたもの。
誰かが作ったもの。
という感謝が生まれるという
いい事もあります。
 
それと同時に、お金を使う価値のモノを見極められるようになるキッカケにもなります。
 
 
作り手を意識して価値のあるモノには
お金を掛ける。
価値のない消費はしない。
 
その考え方が身につくと無駄なモノが増える要因を根底から断ちきれます。
 
 
収穫した野菜を食べながら、そんな事を考えたのでした。
 
 
広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告