読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

夏の旅で活躍するワードローブ

服(ファッション) 身軽になる
広告

やっと今日から通常運転という感じ。

娘は無事お医者さまから登園許可をもらい、待ちに待ったお友達との再会です。やれやれ、やっとホッと一息つける。

 

何しよう。とふと考えて、やりたいことや調べたいことがたくさん頭をよぎったけれど、まずは1番、ひとりでボーッとしたいと思いました。

人に会う、出かけていくのは好きだけど、やっぱり基本的には1人が好き気質なわたし。

しばらくなかった「ひとりの時間」をまずは味わうことにしました。

 

ひとりで無心になれることをやろうと朝からやったのが、洋服のメンテナンス。

f:id:aonosmile:20160825125416j:image

旅から戻り一気に洗濯を干したときに、毛玉が気になったっていうのもあるけど、

この羽織物、毎回思うけど旅には欠かせない。今回もありがとう。

気持ちを込めて、毛玉とりです。

なぜか無心になれる。

 

旅で活躍したグレーの羽織物

f:id:aonosmile:20160825125349j:image


気づくとかれこれ7.8年くらい持ってるかもしれません。ワールド系列のindex【インデックス】公式通販サイト|株式会社ワールド(WORLD)
で通勤用に買った気がする。
(残念ながら、昔は洋服を買いすぎていてひとつ一つへの記憶が乏しい…もうそんなことがないようにしたい)
 
旅の荷物をできるだけ小さくしたい願望は、バックパッカー魂かな常々あるので、これは旅に行くたび、使えるヤツめ。と賞賛してきた1枚。
もちろん普段使いでも活躍中。

 

活躍のポイント

  • 体温調整に欠かせない。
  • クシャクシャに丸めて詰め込んでもシワひとつない素材。
  • 袖はボタン付きで長さ調整可能
  • ワードローブに合わせやすいグレー

 

夏の旅行にこそ、羽織物が欠かせない。

春・夏・秋と3シーズン使えるアイテムですが、夏が一番欠かせません。

乗り物に乗ったり降りたり、お店の中はクーラーガンガン。汗をかいてたらなおさらその汗が冷えて、さらに寒く感じます。サッとだしたり仕舞える羽織物はわたしが旅を楽しめる心強い味方です。

素材は

  • レーヨン75%
  • ポリエステル25%

で自宅で手洗いできる素材。汗の季節でも心配なく使える。

 

ワードローブとの合わせやすさ

もともと七分袖のデザインなので、使いやすい&似合うデザインなのですが、

袖丈が調整できるので、コーディネートとバランスも取りやすい。

 

グレーだからいい

服を厳選して、色味が厳選されてきた現在のワードローブ。

 ▶ワードローブのサブカラー - すみれの壺

グレーは1番合わせやすく使いやすい色。ひとつ難点といえば、このアイテムが少し黒っぽいグレーだということ。

個人的には明るいグレー(ライトグレー)が好み。次にアップデートする時は、その辺にこだわりたいところです。

 

旅の持ち物こそ、心地よく使いやすい万能アイテムで。持ち物も軽く、いちいち色んなこと気にせずに気持ちも軽くしておくことが目一杯楽しめる秘訣ですよね。

 

久しぶりにワードローブの記事でした。

 

冬の旅は重ね着がメインでした。


ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告