読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すみれの壺

produced by 青野すみれ

ボールペン塗り絵に初挑戦:描くという視点でモノを見てみる

広告

ボールペン塗り絵のカフェレッスンに参加してきました。

 

以前に「すみれんたる」でお会いした、ふじこさんが先生です。

カフェでドリンクを飲みつつ、出来上がった作品はこちら。

 

f:id:aonosmile:20160622165656j:image

 

 

いくつかサンプル画があった中から、これからの季節、お部屋に飾りたくてこれにしました。

 

 

ボールペン塗り絵レッスンって?

ふじこさんが事前にゴールドの縁取りで枠を描いた素敵な作品に、縦・横・斜めの線で色ぬりしていきます。

詳しくはふじこさんのブログをご覧くださいね。

リンク▶Fujiko gallery オトナ美術部|『ボールペン塗り絵』~カフェレッスン(大阪)~予約受付中です~

 

 

きっかけは、プレゼントですみれの花のボールペン画の作品を頂いたこと。

ボールペンだけで描いたとは思えない、色のグラデーションと立体感に惹かれました。

f:id:aonosmile:20160622170017j:image

 

 

実際にやってみた感想 

はじめから絵を描くのではなく、

元々ある枠に色をつけていくので、絵を描くのが苦手。という私のような人でも、ハードルが低いのがよかったです。

道具もシンプル、手も汚れないから気軽なのもうれしい。

 

でもアートの奥深さは、しっかり楽しめました。

色と色を重ねて、グラデーションにしたり、微妙な配色の変化で印影をつけたり、細かく塗ったり、粗く塗ったりで、

だいぶ印象が変わります。

 

今回はお手本を見ながらの作業だったのですが、

これを見本無しでやると想像してみると…

 

普段の生活で、モノをみる目線が変わりそうです。

光や影、構造なんかを意識しているのとしていないのとでは、こういうときに変わってくるんだなぁ。と。

 

私は絵が苦手と、思い込んでいるだけで、

普段から、モノへのそうした観察眼を持っていなかっただけなのかも。と。

 

 

日常をいつもと違った視点で見てみよう

「描く」という視点で、身の回りのモノを見てみると、

いつもと同じ毎日の風景でも、また違った感覚で日常を楽しめそう。そんな気づきを頂いたレッスンでした。

 

f:id:aonosmile:20160622183135j:image

早速フレームに入れて飾ってみました^ ^

 

 

 

ふじこさんありがとうございました。

レベルアップしてまた挑戦してみたいです。

 

 

「オトナ美術部」って響きにも惹かれます^^

ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告