すみれの壺

produced by 青野すみれ

小食を実践して思うこと。家族の健康と子供の食生活について。

広告

食事を朝昼晩にこだわらないようにしてから、1年以上が経ちました。

 

3食きちんと摂らないと食生活が乱れて体調に良くないかとおもいきや、

その逆で、

体調をほとんど崩さなくなりました。

 

そんな私の様子を見て、夫も最近「食べない」という選択肢に注目している様子。朝ごはんや、休日の食事にこだわらなくなったみたい。

 

子どもにとっての小食ってどうだろう。

成長期の子供には、規則正しく好き嫌いのない食事の習慣をつけるのが、大切なことかもしれない。ただ私は娘にずっと「嫌なら無理して食べなくていい。残していい。」と言い続けている。

茶碗によそうご飯の量も毎日本人に決めさせている。

 

http://www.flickr.com/photos/87232391@N00/9322459894

photo by Charles Haynes

 

食べたくないモノがあってもいい。という選択肢も必要。

「好き嫌いしないで、残さず食べなくてはいけない」ことが本当に教育上パーフェクトなことなのだろうか。。最近はそう感じている。

 

気分が乗らないなら食べなくていい。そう言い続けているけれど、娘は偏食にもなってないし好き嫌いも全然ない。逆に「何でも試しに食べてみよう」というチャレンジ精神があり、食べられるモノの範囲をどんどん増やしていっているようにさえ見える。

 

嫌ならすぐに諦めて食べなくてもいいんだから。という気楽さがチャレンジできる視野の広さにつながるのは、大人も子供も一緒であり、食べ物だけにとどまる話ではないんだろうな。そんな風にも感じています。

 

  

「好き嫌い言わずに、残さず食べなさい」という姿勢は無言のプレッシャーとなり、ストレスになりかねない。

今は食べたくない。でもそのうち気が向いたら食べるかもね。くらいの気持ちでいることが、子供にも親にとってもストレスのないナチュラルな食生活になっていくと思うし、

ストレスのない食生活こそが、家族の健康の基本となっていくだろう。

食欲の変化を大切にしていると、体調の変化に気づきやすく、早めの対処もしやすい。

そのためか、おかげさまで、この冬は娘も含め家族全員が、風邪をひくことはありませんでした。

 

 

これからも大切にしたいのは「今、食べたい」と思うものを、美味しく自由に食べること。

決まった時間の、決まった形式の食事にこだわらないようになってからは、

私は食べたいものが明確になりました。

食欲のある日、食欲のない日、無性に甘いものが食べたくなる日、水分がたくさん欲しくなる日。。

もちろん、いくら食べてももっと食べたくなる日もある。(今日はそうだった)

分析上、そういう日は睡眠不足かストレスをためている時が多いため、

そんな自分を受け入れて、とりあえず横になることにしている。

 

 

頭で考えて食べることより、身体が欲しているものを選んで、摂り入れる。

減らすことで、自分自身と向き合えるのは、持ち物だけでなく、食べ物にもいえること。とうことを「小食」という選択肢から感じています。

 

 

 

関連記事

 

広告を非表示にする
ブログ記事一覧

プロフィール メッセージ・お問い合せ
TwitterInstagramfeedly

広告